社会福祉法人 守山向日葵会の運営する保育園は、児童福祉法に基づき、乳幼児を養護の行き届いた環境の下で保育すると共に、子育てに関する支援事業を展開し、子どもの育ちを総合的に支援します。
 子どもの人権や主体性を尊重し、子どもの最善の幸せのために保護者や地域社会と力を合わせ、児童の福祉を積極的に増進します。


保育園は、子どもにとって昼間の家庭 “HAPPY DAY HOME”です。

◎穏やかで家庭的なくつろげる生活空間となるよう、保育環境を整えていきます。
◎子どもたちは、人として生きていくために毎日の生活や遊びの場面で大人のすることを真似て学んでいきます。一人一人の発達段階を大切にしたていねいな関わりを基に気持ちの安定した子どもを育てます。

一人一人を大切にした保育を目指し、次の点に留意します。

(1)子どもが成長していくためには、乳幼児期の遊びが重要な役割を果たします。子どもは、遊びながら考えたり、想像したり、手指や身体を使ったり、言葉を習得したりします。また、自己発揮したり、友だちのことを考えたりし人間関係を培ったりします。
一人一人の子ども自身がもっている生きる力を発揮できるように、あたたかく見守り必要に応じてアドバイスをしたり、モデルを示したりして援助していきます。
(2)さまざまなことに興味や関心をもち、意欲・考える力・自分で選ぶ力を育てていくことを大切にして、絵本や遊具を整えたり、わらべうたを取り入れ体験を通して学べるように保育していきます。
(3)一人一人を大切にした保育の内容と日課の充実、また、くつろげる環境の設定、家庭的であたたかみのある食事を用意し、しっかり食べ、喜んで食べる子どもになるよう献立の工夫を作成します。子どもにとって使いやすい食器の使用、食材への関心を深めるなど「食育」を通した保育を目指します。
(4)育児のよきパートナーとなるように心がけ、家庭と保育園の共育てを目指していきたいと考えています。


「心身ともに健康で豊かな子どもに」
〜 豊かな遊びを中心として、人として豊かに成長することを願って 〜
  ・人の話をよく聞く子ども
  ・集中して生活や遊びに取り組む子ども
  ・五感を使い、豊かな感性をもつ子ども
  ・生活のルールを通して社会のルールも理解し守る子ども
  ・やさしさ、思いやりをもち、人とうまく関わっていく子ども