麻雀用語: ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行
最新追加用語

カ行
返し点〔かえしてん〕
 基準となる点数のこと。
 例えば25000点の30000点返しの場合、
 半荘開始時の持ち点は25000点だが、
 半荘終了時には30000点からの上下で考える。
 つまり26000点で終了した場合は−1000点になる。
 消えた20000点(5000×4)はトップが貰う。


加槓〔かかん〕
 明刻(ミンコウ)を明槓子(ミンカンツ)にする行為。

確定〔かくてい〕
 待ち牌のうち何が来てもある役のこと。

確定手〔かくていて〕
 手役が確定していること。

風牌〔かぜはい〕
 四風牌(しふうはい)のこと。

片和り〔かたあがり〕
 和り牌が複数有るうち、役無しになるものが存在するとき、
 役有りになる方で和ること。

上家〔カミチャ〕
 自分の左側にいる人。

空聴〔からテン〕
 待ち牌が一枚も残っていない聴牌(テンパイ)。

空聴牌〔からテンパイ〕
 待ち牌が一枚も残っていない聴牌(テンパイ)。

涸れた〔かれた〕
 欲しい牌が一枚も残っていない状態になったこと。

〔カン〕
 同じ牌を4枚揃えたとき宣言すると
 これを刻子(コウツ)のように扱える。
 元には戻せない。

槓裏〔カンウラ〕
 槓ドラ(カンどら)の裏ドラ(ウラどら)。

嵌塔子〔カンターツ〕
 嵌張(カンチャン)になっている塔子(ターツ)。

嵌張〔カンチャン〕
 1・3や6・8のようになっていて、間の牌を待つ形。

槓子〔カンツ〕
 同じ牌4枚の組。槓(カン)宣言で出来る。

槓ドラ〔カンどら〕
 槓(カン)した際に王牌(ワンパイ)をめくって増えるドラ。

ガン牌〔がんぱい〕
 牌の特徴(傷など)を覚えて記憶し利用すること。

危険牌〔きけんはい〕
 ロンされる可能性が高いと思われる牌。

九種九牌〔キュウシュキュウハイ〕
 ポン・チー・明槓(ミンカン)のない一巡目に、
 第一自摸(ツモ)をした時に9種類以上の
 幺九牌(ヤオチュウハイ)が手の中にあるとき、
 積みなおしを要求できる。

供託〔キョウタク〕
 立直をかけるときに出す立直棒。
その後、最初に和った者が貰える。
最初に立直をかけて和った者に限る場合も有る。

切り上げ萬貫〔きりあげマンガン〕
 場ゾロ込みで6飜有れば40符未満でも萬貫にすること。

喰い換え〔くいかえ〕
 鳴くことで完成している順子の数字をずらすこと。

喰い下がり〔くいさがり〕
 鳴くと一翻下がること。

喰いタン〔くいたん〕
 鳴いて断幺(タンヤオ)を作ること。

喰い直し〔くいなおし〕
 既に河に捨てた牌を他家から鳴き取ること。

口三味〔くちしゃみ〕
 口三味線(くちしゃみせん)の略。

口三味線〔くちしゃみせん〕
 相手を混乱させること(嘘など)を言うこと。
 もしくは、混乱させる行為を行うこと。
 あくまで、ルール違反であってはならない。
 だが、マナー違反ではある。 形聴〔ケイテン〕
 形式聴牌(けいしきテンパイ)のこと。

形式聴牌〔けいしきテンパイ〕
 門前(メンゼン)ではない状態で
 その上、役が無い聴牌(テンパイ)。
〔ケン〕
 半荘(ハンチャン)に参加せず、後ろで見ること。

現物〔げんぶつ〕
 河に捨ててあるものと同じ牌。

原点〔げんてん〕
 半荘開始時の点数。

刻子〔コウツ〕
 同じ牌を3つ揃えた組。

五捨六入〔ごしゃろくにゅう〕
 半荘終了時の点数申告で、1000点単位に揃えるために、
 500点以下は切り捨て/600点以上は切り上げにするシステム。

御祝儀〔ごしゅうぎ〕
 萬貫や役満を和ったときに貰える褒賞。
 通常の点数とは別に現金などで支払われることが多い。

コシを使う〔こしをつかう〕
 鳴いたり和がったりするために、止めること。
 その牌は見せ牌と同じ扱いになる。


小場〔こば〕
 大きな和り(あがり)が出ないこと。