カイロで健康

頸椎の叩打

実体験です。
頸椎7番を叩打したことで、左手中指がしびれた症例を考察してみました。
つば付帽子が当る状況 パラグライダーの練習において、パラグライダーが開いた状態を確認するため上を向く姿勢があります。

つば付き帽子を後ろ向きにかぶり、その上にヘルメットを装着して練習してました。

左手中指のシビレ 何回か練習するうちに、左手中指が痛み、しびれてきました。
頸椎7番が帽子のつばで叩打されることで、左にずれていました。ズレを治しても神経症状のしびれは2ヶ月ほど続きました。

測定状態 頸椎にどれだけ荷重が加わるか測定してみました。

白いヘルメットの下に、薄茶のつば付き帽子を、後ろ向きにかぶっています。

センサーは、頸椎7番の棘突起上に貼り付けてあります。

上向き時につばが棘突起に当る荷重を測定してみました。

測定波形 代表的な、波形です。
衝撃力(荷重)225g 衝撃時間 200ms 静荷重 50g が測定されました。


9回測定した平均データーは、
衝撃力(荷重)216g 偏差33g
衝撃時間 228ms 偏差80ms
になりました。
わずか200g の衝撃力でも、何度も加わると関節を痛めてしまうようです。
振動する機械や、衝撃が加わる作業は、保護具など使って体を守りましょう。
カイロで健康 「カイロプラクティック」へもどります >>