カイロで健康

男女・左右・回復

急性腰痛(ギックリ腰)の患者さんを、男女・左右・回復別に集計してみました。
患者さんの約30%は急性腰痛

●初検患者さんで、1週間以内を急性腰痛として集計してみました。

初検患者さんの、約30%が急性腰痛、同じように約30%が慢性腰痛の症状で来院されています。


急性腰痛は男性が多い。左右差はない

■初検の急性腰痛

男女別では、男性の方が約60%と多く来院されています。
経験的に、付き添いさんにイタタタと担がれて来院されるのは男性です。
2007年の腰痛全体の集計では、男性45%・女性55%とやや男性の方が少ないのに急性腰痛は比率が反転していることからも、急性腰痛は、男性の方がなりやすい と言えそうです。

痛みの部位は、右がやや多い結果になりました。
2007年の腰痛全体の集計でも。左46%・右54%と同じような傾向が見られました。この事から、左右では全体的にも急性腰痛でも右腰痛が、やや多い結果が出ました。
中央は意外と少ない結果になりました。


3日目以降で回復が悪くなる
( 2010年1月 長浜施療院カイロプラクテック・オフィス調べ)

▼回復を確認できた患者さんの一部をサンプルしました。

何回で回復したのか、どれぐらいの日を要したのか調べるために、初検来院したときの受傷した時期別に分けてみました。

受傷した時期が、3日までは、ほぼ2回で回復していますが、4−5日の来院から回復が悪くなっていく傾向が見られます。
経験的には、なんとかしようと暖めたり、もんだりして悪化されて来院されるのが、ちょうど1週間ぐらいです。回復にも時間がかかるように感じていたのが、データで証明されました。


急性腰痛は、強い痛みで大変そうに思いますが、シビレなどと比べて回復が早い症状です。
「あそこに行ったら1発でよくなった」とか「歩くのも大変だったが帰りにはシャンシャン歩けた」などやや誇大表現の口コミが広がるのも、急性腰痛です。しかし、他の障害を見過ごさないように注意をしています。
急性腰痛(ぎっくり腰)は、受傷して3日までに来院されるのを、おすすめ致します。
カイロで健康 「カイロプラクティック」へもどります >>