カイロで健康

高齢化・医療費・廃棄物・薬害


高齢化

高齢化社会では、いつまでも元気な日常生活が大切です。
カイロプラクティックでは、関節や筋肉を年齢に応じた良い状態を維持することができます。
関節の動きを確保することで血液の循環を円滑にし健康を維持するために貢献しています。

カイロプラクティックは、高齢化社会にも貢献しています。


医療費の高騰

医療費の増加は、世界的な傾向です。
欧米諸国では、カイロプラクティックが医療費削減に有効であることが政府や保険会社で証明されて来ています。日本も、そのような研究がなされる事が望まれます。

カイロプラクティックは予防医学に貢献することで、健康を維持でき医療費を減らしています。


医療廃棄物

日本のカイロプラクティックは、投薬やレントゲン・MRI・血液検査などできません。
手技による施術のため廃棄物は、ほとんど出ません。

カイロプラクティックは、医療廃棄物を出さない自然にやさしい医療です。


薬害

カイロプラクティックでは、手技による施術のため、薬による副作用はありません。
カイロプラクティックは、薬の使用を否定しているわけではありません、必要とされる薬はたくさんあります。
問題とするのは、頭痛・肩こり・腰痛に鎮痛剤などを漫然と長期的に使用することにあります。

カイロプラクティックは、頭痛・肩こり・腰痛に効果を現わし、鎮痛剤など薬の使用量を減らすことで、薬害を減らしています。

カイロプラクティックを広めて、未来ある健康社会にしましょう。
カイロで健康 「カイロプラクティック」へもどります >>