カイロで健康

指ならし

特命リサーチ200xで、「指をならすと気持ちよいのか」という問題にカイロプラクティック的に、考察してみました。
人差し指曲げ 90度 1、関節の動きから考察してみました。

●人差し指の付け根を反らした状態です。
(第2指、中指基節関節の伸展)

■指ならし前で90度です。

人差し指曲げ 80度(指鳴らし後) ●引っ張り(長軸伸展)指ならし(クラッキング)後に同じようにしてみました。

■指ならし後は、80度と指ならし前より10度、
動き(可動)がよくなった
のが、わかります。

動きが大きくなり気持ちいい
首を鳴らした場合は指ならしと同じように、動きやすくなった関節は、脳へ可動域の拡大を伝えます。

脳は、可動域の拡大=快楽 の式(ストレッチやマッサージ後の気持ち良さと同じ)により、脳内で快楽物質が、放出され「気持ちいい」と感じると考えられます。

ポキ音がきもちいい 2.音響的に考察してみました。

首を鳴らした場合、音は空中を伝わり、耳で感じ脳へ伝えます。

脳では、クラッキング音=快楽 の式(打楽器などが心地よいのと同じ)により、脳内で快楽物質が、放出され「気持ちいい」と感じると考えられます。

またクラッキング振動が、骨伝導で脳に伝わり、軽いショックが、陶酔をひきおこしているとも考えられます。
首を振って、鳴らすのは、セルフクラッキングと言われ、関節の障害や脊髄損傷など引き起こす危険がありますから、ストレッチなど自然に音が出る以外で、
音を出そうと、首や腰を振るのは、絶対にやめましょう。
カイロで健康 「環境 首・肩」へもどります >>