カイロで健康

ソファーベッド

ソファーベッドで、腰痛になった症例を、考察してみました。

●はじめに
40歳代、男性、デザイナー、左腰痛で来院

■症状と結果
左の骨盤(仙腸関節)後方変位
2回目で、骨盤が、同じ方向、同じ量ずれている。ソファーベッドをやめてもらう。
3回目の施療で、痛みは消失。骨盤変位も80%改善のため施療完!

▼あとがき
このソファーベッドは、一人掛けで、背もたれが倒れるタイプでした。

・・・メルマガ10号より・・・


ソファーでC字湾曲

背もたれが倒れるタイプを考察してみました。

頭部と足先が持ち上がり、背骨がC字にわんきょくします。


折れ曲がりの境目に体がはまり込み、寝返りが妨げられます。


首と腰を痛めた部位

C字わんきょく部にお尻が落ち込む事で、仙腸関節がズレます。

ソファーの端を枕代わりにすると、頸椎のズレが大きく診られることが、よくあります。
症状として、頭痛、首痛、肩痛、手がしびれる事もあります。

病院での付き添いのソファーベットでも、同じように診られることがあります。


起こせばソファー、倒せばベットと便利そうですが、構造的に一挙両得は、難しいようです。
単機能で体にやさしい製品を選ぶことが大切なようです。

ソファーベッドは、簡易的な使用にとどめましょう。
カイロで健康 「環境 足腰」 へもどります >>