カイロで健康

動力噴霧器(どうふん)

動力噴霧器(肥料や消毒薬をエンジンで飛ばす機械です)で腰背部痛になった患者さんを考察してみました。
●はじめに
60才代、男性、定年後稲作。腰背部痛で来院

■症状と結果
腰椎1番、胸椎5番のずれと周辺筋肉の腫れ
14日後、2回目、3日で回復していましたが、今回、また、動噴で無理したら、痛くなってきた。

▼あとがき
動噴で悪くなるのを、本人も自覚していましたが、稲作面積が大きいのでついつい無理をしてしまい、3日ほど続くと、悪くなるそうです。

動力噴霧器 動力噴霧器は肩に下げるタイプで、上の溶液タンクに20KG、本体が10KG、全体で30KG程あるそうです。

下からは、背負って立ち上がれないので、軽トラックの荷台にセットしてから担ぐそうです。

動力噴霧器と背骨 背中に当たる部分は、パイプでできており、上下の2箇所で支えるようになっていて、丁度パイプが当たる部位の、背骨が肥厚し(その部位に異常な過重が加わり骨が厚く大きく変形した状態)関節の動きが悪くなって、痛みが出たようです。

農業では、動力噴霧器は、よく使われており背骨の変形は、60歳以上で多く診られます。

物的対策として
パイプ部位に当板やクッション(保温材)を、追加してもらってます。

農作業は高齢化していることが多くおじいちゃんの来院が目立ちます。
60才の厄年を超していると骨の変形が進みやすくなりますので、強い荷重で体を悪くしてしまいますから無理は禁物です。
・・・気持ちは、若く。体には、やさしく、大事に使いましょう。・・・
カイロで健康 「環境 足腰」 へもどります >>