カイロで健康

エプロン・まえかけ (ホルターネック)

エプロンが原因で、首痛と肩凝りになった症例を考察してみました。
●はじめに
20歳代、女性、居酒屋勤務。慢性左肩こり、最近頭痛が取れなくて来院。

■症状と結果
頸椎5番(特に大きいずれ)、胸椎1番、腰椎1番
3日後、2回目、肩こりはだいぶ改善、頭痛は時々気になる。
7日後、3回目、肩は快調、頭痛もなし。

▼あとがき
エプロン(前掛け)を、ひものタイプに代えてから、調子が悪いようでした。

ホルターネックのエプロン エプロンは首からぶら下げるホルターネックのタイプで、ひもが首に食い込みます。

重量は、500gと軽いのですが、前かがみや、うなずき時にひもが引っ張られその衝撃が原因となり、頚椎がズレたと考えられます。

ひもが首に食い込む 頚椎7番は、構造的に大きく後方に出ているので、ひもは、くぼみのできる頚椎・5番にかかっていきます。

触診では、6番、5番の動きが悪く、皮膚面がやや変色し硬くなっていました。

肩や手のしびれ 頚椎5・6・7番から出る神経は、三角筋、上腕二頭筋、手関節伸筋群、上腕三頭筋、手関節屈筋群、指伸筋群を支配してます。

そのため頸椎が痛むことで、肩や上肢、首に痛みが生じます。

肩掛けエプロンがおすすめ どんなエプロンが良いの???

・肩ひもは、肩掛けタイプ・ひもの幅が広い
・重量は、軽いほうが、肩に負担が少ない。
・腰ひもは、あったほうが重量が分散します。
・ポケットは、中央・左右均等なほうが、バランスがいい。

男性で同じような症例として重いネックレスで症状が出ていたこともあります。
首の前湾している構造上1点に集中してしまいますから、施療しても同じ症状が繰り返されるときは、気をつけた方がいいでしょう。
・・・ 肩掛けタイプのエプロンで、楽しい料理にしましょう ・・・
カイロで健康 「環境 首・肩」へもどります >>