カイロで健康

足元のゴミ箱

机の下、足元のゴミ箱などで腰痛を引き起こす原因を考察してみました。
左足元にゴミ箱を置いた特徴 触診結果が、
・左仙腸関節の動きが悪い。
・左骨盤が浮き上がり、上方に上がって感じられる。
・うつむき時に左足が長い。
このような結果に加えてお仕事が、事務仕事の患者さんの場合。

机の下、左足元に、ゴミ箱、書類、かばん、電気ストーブ、等を置かれていることが、多くあります。
このような状況は、骨盤をズラす原因となるので、気をつけてもらうと腰痛の再発防止になります。

左足元にゴミ箱をおいてみました。 左足元にゴミ箱を置いて後方から見てみました。

左足が開くことで、上半身はバランスをとるため、やや右前方に動きますが、腰部は、ほとんど動いていません。
動かない腰部の中で、左の骨盤だけが左足と共に開いているのが見られます。
そのため、左仙腸関節に無理が生じて腰痛が引き起こされると考えられます。
さらに、この状態で、急に立ち上がるときに、開いた骨盤に力が強く加わりギックリ腰になる可能性があると考えられます。

足元を倉庫代わりにしているのは、スペース効率が良いように思います。
しかし体に良くない環境になってしまう事が普通に良くあるようですから気をつけてみましょう。
体が資本ですから良い環境で仕事ができるといいですね。
・・・机の足元は、広々させて、良い姿勢・・・
カイロで健康 「環境 足腰」 へもどります >>