カイロで健康

膝乗せテーブル

膝乗せテーブルで、腰痛になった症例です。
左仙腸関節と腰椎5番 ●はじめに
高校生、女性
ベットの上で、膝乗せテーブルで、勉強していたら、腰が痛くなって
我慢していたが、良くならない。

・症状と結果
左仙腸関節の後方変位、腰椎5番、頸椎1番を調整。
低周波、筋肉を調整後、帰りには、改善。

・あとがき
家族から、その姿勢が悪いと、言われていたそうです。
送り迎えの、お母さんが、話してくれました。
勉強するのも、姿勢良く、と言う症例でした。
                                ・・・メルマガ 572号より・・・

膝乗せテーブル 膝の上に乗せる
膝乗せテーブルは、テーブルの下に、厚めのクッション材がついています。

使用してみると、長座で疲れるので、膝を立てて使用したりします。
この時、上半身は、ほぼ動きません。
そおため膝を立てることで、骨盤が後ろにねじられて、後方変位したと考えられます。

腰が不安定な、膝乗せテーブル 斜め後方から見てみました。

膝を曲げると、臀部だけで体を支える不安定な体勢になります。
膝乗せテーブルがあるので、足を大きく開くことができず、左右の振れに弱くなってしまいます。
ベットのクッション+膝乗せテーブルのクッションとテーブルまで2段階のやわらかい状態が作られて、腰が不安定になってしまいます。
その、不安定な力が、腰椎5番に集中して、腰痛を引き起こしていたと考えられます。
特に左右の動きが不安定で、腰椎の横方向に問題が、生じてたと考えられます。
・・・勉強や書き物は、きちんとした机、椅子に座って、正しい姿勢でしましょう。ね・・・
カイロで健康 「環境 足腰」 へもどります >>