カイロで健康

ジム

実体験
ジムのトレーニングメニューの中、シーテッドロウで、背部胸部痛・息苦しい(深呼吸がしたくなる)になったので考察してみました。
シーテッドロウ(胸当てあり)
■はじめに

50歳代、男性、カイロプラクティック業
背中が痛く、深呼吸したくなるような息苦しさ

・症状と結果
胸椎5番付近の、前方へのずれ。胸椎ブロックで調整
1週間で、再発、同じ症状。

どうも、ジムに行ってから症状が出る。
いろいろ考えていると、シーテッドロウ(船を漕ぐような動き)があやしい。
メニューからシーテッドロウだけを外したところ、以後、再発はありませんでした。


シーテッドロウ(ロープタイプ)
・あとがき

4ヶ月前から、マシン特化型のジムに移籍しました。
マシンのメニューは、ムリしないためほぼ同じにしました。
シーテッドロウは、前からしていたのです。
よくよく考えると、前は、ワイヤーを引くタイプでした。
今回は、胸当てがあり、バーを引くタイプです。
バーを引いたときに、胸当ての端で、胸椎をずらしたと考えられます。

・・・メルマガ 695号・・・

胸当てと胸椎のズレ
●シーテッドロウ

マシンは、体を保持するために、四角い胸当てがあります。
バーを引き寄せると加重は、すべて胸当てにかかり、胸当てと肩甲骨に挟まれたように作用します。
そのため、胸当て、肋骨、胸椎と力が伝わり、背筋、肩甲骨による剪断力により胸椎がズラされたと、考えられます。
この時にウエイトは、65kg、12ストローク、2セットしていました。

・・・マシンでのトレーニングには、気をつけましょう・・・
カイロで健康 「環境 首・肩」へもどります >>