カイロで健康

ジム
バタフライマシン

ジムのバタフライマシンで、背部痛を考察してみました。

バタフライマシン

■はじめに
30才代、男性、現場管理
ジムに5回行って左肩が上がらなくなって、
筋肉痛が取れたのだが、1週間経っても手があげられない。

・症状と結果
うつむき時、左足が5mm長く骨盤を調整。
胸の背骨、3番から7番が左にねじれている。
特に5番が、前方へズレていて、押さえるだけで痛む。
5番から調整、背中、肩、腕の筋肉を調整。
帰りに、腕は上がり、痛みも大丈夫。


背中を痛める

・あとがき
ジムの話をしていると
バタフライマシンかな?
バタンと戻される時に、肩の後ろに腕が回ることで肩甲骨が、背骨を前に押し出して、痛めたようです。

バタフライマシンは、位置に気を付けてますがやはり、痛める事があるんだと納得できました。

メルマガ872号

上から見たバタフライ

上から見たバタフライ

腕を開いたときに、体のラインから前では、肩甲骨が、広がらないので、背骨を痛めません。
私の使ったマシンは、足のペダルを踏むことで、バーが前に来る機能が付いていました。


上から見たバタフライ

上から見たバタフライ

腕を開いたときに、体のラインを超えて後ろに行くと、肩甲骨が、広がり、背骨を押さえて痛める危険性があります。
動かしはじめに、後方から無理に動かす。
開いた反動で、後方へ腕を持って行かれる時に、痛めると考えられます。

マシンでのトレーニングには、気をつけましょう

カイロで健康
「環境 首・肩」へもどります