カイロで健康

介護者

介護の仕事は、姿勢が悪くなりがちです。講習などで無理をして、腰背部痛で来院されますので、カイロプラクティックの立場から、「引き寄せブリッジ」で考察してみます。
●はじめに
50歳代、男性、事務仕事
両親の介護のため、介護講習に参加した後から、左腰が痛くなって来院。

■症状と結果
左仙腸関節、腰椎5番のずれ
腰、足の筋肉が硬直、低周波、アイスパック使用
帰りには、ほぼ改善。

▼あとがき
どうも、体位交換の練習時に、腰を痛めたそうです。

引き寄せブリッジ @意識付け
「1・2・3」など声をだすことで、 体を準備させる。


A手首の保護
曲がる限界まで手首を曲げない。手首サポータをする。


B腰の保護
息を吸って、止めるか吐きながら 力を入れる。
さらしを腹部に巻く。(コルセットは、おすすめできない


C膝や足首の保護
膝は、サポータを使用。(金具やバテンは良くない)
足首は、衝撃を吸収するような 靴や中敷を使用する
介護実習後に腰痛で来院された方から聞いた話では、講師の方もコルセットをしていたそうですので、痛める前に対応しておいたほうが、よさそうですね。(*^.^*)(コルセットは、おすすめできませんけど)介護者は、自分の体も大切にしてくださいね
カイロで健康 「環境 足腰」 へもどります >>