カイロで健康

コルセット

本「成人の急性腰痛の治療」 ●アメリカの治療ガイドライン[成人の急性腰痛の治療]より抜粋

「 腰椎コルセットは、筋肉や骨を弱め、回復を遅らせる。」

筋力低下スパイラル ■腰椎コルセットの作用
  • お腹や背中の筋肉と骨(関節)の補強をして腰に加わる力を少なくする。
  • お腹の圧力を高め腰椎に加わる力を少なくする。
  • 腰の動きを制限して無理な姿勢を取らせなくする。
  • お腹の保温をする。
▼腰椎コルセットの副作用
  • 筋肉や骨の補強をするために、強くしなければいけないはずの筋肉や骨が弱ってしまう。
  • 腰の動きを制限することで、関節の動きが悪くなり、周囲の靭帯や筋肉が縮み硬化する

コルセットの応力集中 ●腰椎コルセットの端に、動き・力が集中するので、その関節に無理がかかり、筋肉や靭帯が炎症して痛みを出します。

さらに締め付けている部位が筋力低下し、姿勢の保持力が低下して、筋肉が細りより炎症しやすくなります。

仕事が休めないので、腰椎コルセットを使って出勤していて、痛みが強くなり回復が長引いてしまう方が多く診られます。早めの対処で早めの回復です。
今までに、数年間、寝る時もかかさず使用していて背骨が変形して手術になった患者さんが数名あります。
・・・ 腰椎コルセットは、腰痛初期の3日程度の使用にとどめましょう ・・・
カイロで健康 「環境 足腰」 へもどります >>