カイロで健康

ウエストニッパー

ウエストニッパーで、腰痛・腹部痛になっていた症例を考察してみました。
●はじめに
20歳代、女性。腰痛、腹部痛で来院。

■状態と結果
腹部の筋肉の硬直を調整。腰椎の変位を修正したところ、帰りには、ほぼ改善。

▼あとがき
出産後でおなかが気になったので、ウエストニッパーを使用。
腹部を締めつけて筋肉痛とウエストニッパーの端部で腰椎に無理が加わりズレたようです。

ウエストニッパ(コルセット) ウエストニッパーが、どこの背骨に影響を与えるか見てみました。


この状態で体を動かすと、締めつけている部分は、動きが制限されます。
そのため、ウエストニッパーの端部分の胸椎11番12番に、力が集中して関節に無理が加わりズレたり、周辺の軟部組織が炎症を生じ痛みが出ます。

さらに、その関節から出ている神経ラインにも影響が出て、足が上げられない、おしりや足の付け根が痛いなどの症状が出ていることもあります。


コルセット >>や骨盤ベルト等も同じように注意が必要です。

ウエストニッパーなどで腹部を締めつけると、腹圧が上がり筋肉の代用をするので、シャキっと一時的には楽になったように感じます。
しかし、動きが制限されている分、筋肉がやせ細り弱くなります。弱くなった腰でウエストニッパーを外すとより弱くなくなりますのでさらに締め付けを強くしてしまい、筋肉低下スパイラルに落ち込んでしまいその弱った筋肉が痛んだり、腰椎がずれたりして腰痛や足のシビレなどの症状に進行していきます。
・・・ 腹部は締めつけないように注意が必要です!! ・・・
カイロで健康 「環境 足腰」 へもどります >>