カイロで健康

硬い マットレス

●硬めのマットのつなぎ目で、背骨が、ずれることがありますので考察してみました
5mm沈む力を測定

●モデル

厚さ20mmのスポンジマットで、腰椎3番モデルを使い、棘突起(きょくとっき)が5mm沈む力を測定してみました。


マットでは3kg

●マットに押し付けてみました。

3kgの力で、5mm沈みます。


マットに切れ目が入ると1.8Kg

●中央に切れ目を入れマットのつなぎ目を想定。

スポンジ組織が、圧縮で切れ目が、開いており、1.8kgで、5mm沈み、切れ目なしの60%の力しか必要ありません。


マットに切れ目が開くと1.2Kg

●切れ目を、2.5mm離しマットが、離れた状態を想定。

スポンジ組織の圧縮と、コーナー部が変形しており、1.2kgで、5mm沈み、切れ目なしの40%の力しか必要ありません。

マットのつなぎ目に隙間が出来ると、わずかな力で背骨が落ち込み、関節にズレを生じさせる事があると考えられます。


2つ折りと3つ折りの折れ目と背骨

上の三つ折タイプは、胸椎の9番10番付近が、沈みこみます。

下の二つ折タイプは、仙腸関節が沈みこみます。
(折りたたみベッドによく診られます)

症状は、背部痛、腰痛、肋間痛、などです。

硬い寝具を、健康のために使ってます。と言われる患者さんが、多いです。
しかし、硬いがゆえに、接合部に落ち込みやすく、ずれを発生させている事があります。
特に数年使いこんで、角や表皮が、緩んでくると発生しやすいようです。
カイロで健康 「カイロプラクティック」へもどります >>