カイロで健康

健康サンダル

凸凹の健康サンダル・健康スリッパ の症例を考察してみました。
●はじめに
60歳代、女性、主婦
1週間まえから、左足のかかとが痛く、最近は腰も痛くなってきた。

■症状と結果
左仙腸関節、腰椎5番、足関節、股関節のずれ
関節調整、足の筋肉を調整後、帰りには改善。

▼あとがき
2週間前から、キッチンで大きめの健康サンダルを使い出したのが悪かったようです。

関連痛で親指が痛む ●関連痛として、親指が痛む。

扁平足の患者さんは、特にアーチの部位を強く押されるので、痛みが出やすいようです。

足の関節への影響 ●キッチンや仕事場で長時間履き続けて使用していると、局所的に骨を押されて関節がズレて痛みが出ます。

大き目のサイズを購入して、サイズや形状が合わない場合が多く診られます。

足の裏の硬化やブヨブヨ感 凸凹部の刺激を、体が緩和しようとして、足底部位が角質化(硬くなる)したり、脂肪組織を厚くしてしまう。

1年以上、長期に使用している患者さんに診られ局所の硬化やブヨブヨ感が診られます。

足の関節を調べる時に、足裏が硬化していたり、まめができていたり、ぶよぶよした触診結果から、「健康サンダルは使わないでくださいね」とお願いすると、「判るんですか?」とよく言われます。特にキッチンで使っているパターンが多く見受けられます。

健康サンダルを使っている方は、一度自分の足の裏がどうなっているか、診るといいでしょう。

つぼ押しで言われるように、一点を一分以上押すことで関節などはダメージを受けてしまいます。押さえすぎ押しすぎに注意しましょう。
・・・健康サンダルを、キッチンや立ち仕事で、履くのはおすすめできません・・・
カイロで健康 「環境 足腰」 へもどります >>