カイロで健康

うつむき読書

うつむき読書で、
首・肩・頭痛、めまい、腕・腰痛・背部痛の症例を考察してみました。
●はじめに
10歳代、男性、中学3年生
左腰痛があったが、右も痛くなってきた、背中と肩も痛い。

■症状と結果
頸椎2番、胸椎3番5番12番、両仙腸関節、肩甲骨の浮き上がり
11日後2回目には、症状は、改善。

▼あとがき
本が好きで、寝る前に、うつむきで長時間読書していたのが肩甲骨を浮き上がらせ、首、背中から腰を痛めていたようです。

うつむいて本を読む
・うつむきで読書した状態を再現してみました。


本が読みにくいので、 肘を突いた状態になります。
そのため肘で受けた重みが、肩甲骨を持ち上げる状態になり、肩甲骨が浮き上がった状態になり肩甲下筋などが疲労し痛みます。

頚椎と腰椎は後屈状態になり、首や背部の筋肉が緊張して、背骨のずれを誘発させることで、首痛、肩痛、頭痛、めまい、腕の痛み、腰痛、背部痛になると考えられます。

胸当てをしても首には無理がかかる

・胸当てを使用して改善するか再現してみました。


肘を立てない分、平たい姿勢になりますが、頚椎の後屈角度は、ほとんど変わりませんので、首痛、肩痛、頭痛、めまいに胸当ては効果が期待できないようです。

しかし、全体的な荷重が減る分、腕の痛み、腰痛、背部痛には、やや効果が期待できます。

肩甲骨の翼状化も診られる ・症状として
頸椎2番、胸椎3番5番12番、両仙腸関節、肩甲骨の浮き上がりが診られます。



・施療は、
頚椎だけの調整だけでなく、肩甲骨周辺や腰部の軟部組織も調整します。

この症状は、学生さんに多く、肩甲骨が浮き上がっているのが触診され判ることが多いです。
遠く離れた腰までも影響を及ぼしているのには、おどろかれます。
現在は、本より小型のゲーム機で同じような状況が増えてきていると考えられます。
・・・読書は机・ゲームも机・時々は休憩しましょう!・・・
カイロで健康 「環境 首・肩」へ戻ります >>