カイロで健康

掃除機

掃除機で腰痛になった症例を考察してみました。
短いパイプの掃除機 掃除機のパイプを短くしてみました。


・業務用で、背の低い人が使った後に、背の高い人がそのまま使ってしまう。
・押し入れなど狭いところを、先を短くしたまま、使ってしまう。
などで、この様な状況が考えられます。


体が前屈になり中心軸が傾きます。
そのため腰や背中、足に負担がかかり腰痛を引き起こしやすいと考えられます。

長いパイプの掃除機 掃除機のパイプを長くしてみました。

天井掃除で伸ばしたまま使う。
タンスの隙間など奥の深いところに伸ばして、そのまま使う。
などで、この様な状況が考えられます。


腕や肩で長い分を調節するため、体の姿勢が大きく変わることはありませんでした。
しかし、腕の曲げる角度が大きくなるので、肩や腕にかかる負担はやや増えると考えられます。


長いパイプは、短いのに比べて、腰痛が生じにくいと考えられます。

・・・掃除機のパイプは、短く使用しないように気をつけましょう。・・・
カイロで健康 「環境 足腰」 へもどります >>