カイロで健康

ストレッチマット

ストレッチマットで首痛・頭痛になった症例を考察してみました。

●はじめに
40歳代、女性、事務仕事
寝ころんだときに背中に当てるストレッチマットを使ってから、首が回せず車のバックが出来ない、その後、頭痛までしてきて、1週間取れない。

・症状と結果
頸椎1番の大きなズレ、首、背中の筋肉も硬直。
2回目、5日目、首の動きも大丈夫、頭痛も再発してない。

・あとがき
早めに来院されたので、スムーズに改善しました。
症状から、背中の起立筋という縦長の筋肉が硬直していることから、ストレッチの時間が長くて、筋肉が硬直し関節がずらされた様です。

                             ・・・メルマガ362号より・・・

ストレッチマットで反った状態 ストレッチマットを再現してみました。

頸椎が後屈状態になり、あたかもむち打ち状況を作り出してしまいます。
この状態で、反らし続けると頸椎に無理がかかりズレてしまうと考えられます。

脊柱起立筋と頸椎1番 背面に当たる部位は、棘突起が凸になっているため、当たらないように中央部が凹んでいたり、左右がレール状になっている事が多くあります。

その状態で背中を反らせると、レール状の部位が、脊柱起立筋を強く押圧することになります。

脊柱起立筋が押される → 背骨が無理に反らされる → 背骨の関節に無理な力でス゛レが生じる。脊柱起立筋が強い圧迫により炎症する。

ストレッチマットの場合は、重力を利用しているので、特に力を使う必要もいらないので、そのまま反らした状態を長く続けてしまいます。
反らした状態は、無理に伸ばされた状況なので、引っ張られた痛みを感じるのですが、「これをガマンしなくては」とガンバッテしまうのが、痛める原因のようです。
・・・同じ状態での長時間ストレッチには気をつけましょう。・・・
カイロで健康 「環境 首・肩」へもどります >>