カイロで健康

体操

ペットボトル体操、健康体操、椅子に腰掛けての体操、柔軟体操、元気にラジオ体操などで背部痛や腰痛、首痛が出る患者さんがあります。
そこで高齢化における体操の問題点を、平均寿命と腰椎の可動域から考察してみました。
●健康法の創立年と平均寿命
健康名 創立年 平均寿命
男性(才) 女性(才)
西式健康法 >> 大正11年 42 43
ラジオ体操 >> 昭和3年 45 47
真向法 >> 昭和8年 47 50
(現在) (平成2年) 76 82
創立時の寿命は現在と比べて、20年伸びています
高齢の腰椎可域減少

●20年の違いを、臨床上で多い腰痛に着目して考察してみました。

50才を超えた時期から、60才の厄年あたりまで骨の変形(退行変性)が、すすんできます。
そのため腰椎の可動域は、50才で43度も曲がったものが、70才では、24度と、約半分までしか曲がらなくなってしまいます。

つまり寿命50才で作られた体操を、70才にそのまま当てはめて、曲げたり伸ばしたりすれば、関節に無理な力が加わり組織を傷つけてしまうことになります。

■症例としては
体操で弾みをつけて曲げたときにグキリとした。
二人で押しあったとき、グキリと痛めたは、典型的な例です。

施療は、
関節の位置を戻して、周辺の組織の回復を待ちます。靭帯組織がダメージを受けていることが多く、回復には1ヶ月から3ヶ月かかることもあります。

痛めた状況は、ほとんど、個人的に曲げすぎ、押しすぎ、やりすぎ、てしまう場合です。
教室などで、講師の指導のもと、年齢や体調など、自分に合わせて体操しましょう。
無理のない体操で、今日も元気!!!
カイロで健康 「臨床」へもどります >>