カイロで健康

食卓テーブル

6人掛の食卓テーブルで、腰痛や背部痛を起こした症例を考察してみました。

●はじめに
50歳代、女性。
1週間前から左腰痛、姉の紹介で来院。

■症状と結果
左仙腸関節、腰の骨1番、背中の骨3番のずれ大腰筋の硬直。
3日後、2回目には、改善。

▼あとがき
おばあちゃんに介護が必要になり、同居することになりました。
テーブルに全員座れないので6人用の大きいのを購入したそうです。


4人掛テーブル

4人掛テーブル

対向者の対話や食事の取り分けでも体のねじれは30度を超さず、首だけで対応できるので・・・背骨や体にやさしい・・・


6人掛テーブル

6人掛テーブル

端どうしの対話では、首の旋回範囲を超しており体をひねって話ことになります。
さらには食事の取り分けには65度も必要であり
・・・背骨骨や筋肉にストレスが大きい・・・

大皿の取り分けを、自然と立上がってするのは、無意識下の本能が体をいたわっているのでしょう。


大きなテーブルは、風格があっていいですが、体はひねられると悲鳴をあげてしまいます。
長机の宴会も、お酌などで体をひねって痛めやすいので注意するといいでしょう。

食事は、体をひねらず、楽しい会話でいただきましょう
カイロで健康 「環境 足腰」 へもどります >>