カイロで健康

車のシート
ジェルマット

ジェルマットで腰痛になった症例です。


椅子に座った状態

椅子に腰掛けて、左足を上げる動作では、腰は安定しています。

■はじめに

60才代、女性、車で訪問介護
1ヶ月前から少しずつ腰が痛くなってきた、
最近は右膝も時々痛むようになってきた。

・症状と結果

うつ向き時、左足が3mm長く、骨盤を調整しようとタッチすると、仙腸関節の動きが、気になる。
両骨盤の動きが少なく、硬直している感じがするので、お話していると、
2ヶ月前から、車にマットを引いた。

両側の骨盤、腰の骨5番、首の骨2番を調整。
股関節、膝の関節、筋張っている筋肉を調整。
膝の痛みは、筋肉が出していたようだ。
帰りには、痛みなく改善。


ジェルマットを使用した状態

椅子にジェルマットを敷いて、左足を上げる動作で、腰が揺れます。

・あとがき

気になったので、車からマットを持ってこられました。
待合椅子に引いて運転姿勢を実験すると、
足を動かす度に、腰が揺れて筋肉、靭帯に負担がかかるのがわかり、本人さんも、なるほどと、納得して帰られました。

メルマガ●920号

頚椎2番 仙腸関節、腰椎5番

ジェルマットは、卵が割れないだけあって、弾力があり上から押さえると前後左右へ揺れるような動きをします。

アクセルなど足を使うと、ジェルマットを押さえる力が、前後に変わります。
すると、腰が揺れるような動きをします。

この揺れを抑えるために仙腸関節、腰の骨5番、首の骨2番などに動きが及び、
関節の靭帯や筋肉が、反応し疲労すると考えられます。
さらに、腰が不安定なので、足から背中にかけて筋肉が働き疲労が増えてしまいます。

症例は、車で訪問しているので、乗り降り、長距離、山道などの条件で症状が出やすかったと考えられます。

車のシートは、滑りすぎず、動きすぎず、そのままでどうでしょう。
カイロで健康
「環境 足腰」へもどります