カイロで健康

O脚矯正 足底板

O脚矯正 足底板 で足が変形して、腰痛肩こりをまねいていた症例です。
問診と触診

●はじめに

50歳代、女性、年末のギックリ腰でなんとかしてほしくて来院。

腰痛があって病院で10ヶ月牽引して、だいぶ良くなってきたのに、また、急に痛くなってきた。
レントゲンで、首の骨も変形性性だと言われて、肩こりはあきらめている。
(変形性だから、触ってほしくないようだ)
病院以外で、信頼がないよう。年末だし、仕方なく来院されたようです。


・触診

首の骨は、5番が左に大きくずれている。
もちろん、腰の骨が、伸びて不安定になっている。
お尻の筋肉に部分硬直が診られる。
両足の甲外側がおかしい。
うつむき時、ひだり足が15mm長い。


・施療と結果

仙腸関節、腰の骨5番、首の骨5番を調整。テーピング使用。

年を超して、2回目、7日目
施療から2日目にスッキリと回復して、無事に年越しができたそうです。仙腸関節、腰の骨共に、安定しており、施療完!

・あとがき

初検時、両足の甲を問診したところ、腰のために、外に傾いた足底板を使用していることが、判明、状態と足底板の形状を合わせたところ、ほぼ、間違いない、(ここで、、そんなことが判るんだと、信頼を得たようです。)

さらに、お尻の筋肉(殿筋)の硬直状態から、円座ですか?と1発で、当たりました。

信頼を得たところで、首の骨の調整をしました。
2回目の時には、腰痛だけでなく肩こりも解消してました。

10ヶ月間の牽引や、レントゲンの結果は、何だったんだろう?と、患者さんは言って、元気に帰って行かれました。


足底板で足が変形

・症例の特徴は、O脚矯正 足底板で足が変形していました。

なぜ使用したかと言うと。
O脚は腰痛になる。
腰痛を良くするには、O脚を治さないといけない。
O脚を良くするために外が厚くなった足底板を使用しました。

問題の1つは、O脚は腰痛になると思ってしまった。
日本人の多くはO脚ですが、腰痛なく元気に歩いています。

さらに、足底板でO脚が良くなるように思いますが、実際は、膝ではなく足裏で受け止めているようです。持続的な加重に順応し、足が変形してしまったと考えられます。

メルマガ583号
無理な矯正器具は、変形を引き起こす事に気をつけましょう。
カイロで健康 「環境 足腰」 へもどります >>