カイロで健康

四つ玉

四つ玉(背中に突起を当てる健康器具)で腰が曲がりやすくなるのを考察してみました。
円背と左腰痛

●はじめに
70歳代、女性、円背、腰が曲がっている。
左腰痛と足が痛くなってきて、歩けない。

・症状と結果
左仙腸関節、腰の骨5番、首の骨5番を調整。
背中の骨のカーブが減少、首の骨が左に湾曲。

2回目、8日後、腰痛、足痛がある。
触診で、腰の骨5番だけが、左前方に凹んだ感触がある。

原因を、探すため、お経のように、折りたたみベット・ローラー・健康マット・マッサージ器・背もたれ・骨盤ベルト・使い捨てカイロ・腰痛体操・2つ玉・4つ玉!!
4つ玉の時に、体がピクリ、これだったのか


四つ玉で背中を反らした状態

体を反らすことで、腰が曲がるのを、防ごうと、4つ玉を首から腰まで上下にずらしながら毎晩欠かさず反らしていたようです。
腰が曲がっているので、特に腰部は念入りに反らしていたそうで、寝てしまうこともあるそうです。

3回目、16日目、ずいぶん楽になりました。
腰の曲がり、歩行状況も、だいぶ良くなっていました。
月に1度ぐらい診せてくださいね、と、施療完


四つ玉で脊柱起立筋が変形

・あとがき
4つ玉、2つ玉、ゴルフボールなど、背中を押さえて腰の骨が変形していることが、よく診られます。

今回の症例では、腰部の脊柱起立筋(腰腸肋筋、胸最長筋)が、押されて前方に変形していました。これでは、背骨を引き起こしにくくなり、腰が曲がってしまいます。

また、初見時に背中の骨のカーブが減少しているのが診られたのも同じ原因だと、考えられます。

脊柱起立筋が、徐々に前方に移動すると、ある時点から急激に腰が支えられなくなり曲がってしまうと考えられます。
「急に腰が曲がった」と言うような時は、このような状況も考えられます。

メルマガ585号
腰を曲がるのを防ごうと四つ玉で、反らそうとしていることが、
逆に、腰を曲がりやすくしていたと考えられる症例でした。
カイロで健康 「臨床」 へもどります >>