カイロで健康

メルマガ

2001年
4月

●15号 4月 25日 骨折2題 ハイパモビリティ
●14号 4月 18日 大工さん 下着の締め付け
●13号 4月 11日 自立神経失調症 好転反応
●12号 4月 04日 親指の痛み ぎっくり腰

●15号 4月 25日・・・骨折2題・ハイパモビリティ

骨折は、カイロプラクティックでは、扱いません。が、患者さんとして来院される事が、あります。

1、60歳男性、背部痛で来院
椅子の止めが外れて尻餅状態になった様です。・・・胸椎の圧迫骨折

2、50歳男性、背部痛で来院
ゴルフでスイングした時、ばきっと鳴った。・・・・肋骨の骨折
・・・・・骨折は、整形外科へ・・・・・

■題目:ハイパーモビリティ
来院:50歳後半、女性、腰痛と足痛で来院

状況:左足が20mm長く、足が腫れている、右膝に50mmの水膨れ
原因:ローラと強いマッサージで、仙腸関節がグラグラ状態(ハイパーモビリティと言います)
結果:5回(約1ヶ月)で、痛みは消失。腫れは減少。水腫は消失。

特記:靱帯が緩んで、ハイパーモビリティは回復に時間がかかります。
最初の内は、改善傾向が、見えにくいので根気が必要です。
・・・・・強い力の繰り返しは、靱帯が緩んで、痛めます・・・・・

●14号 4月 18日・・・大工さん・下着の締め付け

■題目:大工さん
来院:新患さん 30歳中盤 男性 大工さん 左慢性腰痛が1週間前から強。合わせて、右肩、首痛
状況:左仙腸関節と腰椎が左変位 特に腰椎、3番部に張れ(1センチ大のしこり)。胸椎の前方変位
結果:2回目で、症状消失。腰椎3番のしこりも消失

特記:腰椎3番の張れは、くぎ袋の紐が、当っていたようです。
初検時にベルトタイプに変更、
さらに、片側のみの袋を両側につけうようにしました。
(くぎ袋は、紐とセットで売られているそうです。普通はそのまま使いますね・・・注意しましょう)

同類:下着の丸ゴムで締め付け(お年よりに多い)。着の重ねた、締め付け(お年寄りに多い)。
コルセットやきついガードル(若い人に多い)。補正下着や矯正ベルト。手首の輪ゴム、事務用腕カバー。
きつい、ハイソックスや靴下。きつい、指輪。など、など
・・・・・局所的な、締め付けは、不健康の元・・・・・

●13号 4月 11日・・・自立神経失調症と好転反応

■はじめに:自律神経失調
・来院:20歳中盤 女性 婚礼事務仕事
・症状:肩こり 腰痛 首痛

・状況:自律神経失調症で、病院で診察していました。
・診察:骨盤が大きくズレて、頚椎1番もかなりズレていました。足や首の筋肉が、浮腫(ぶよぶよ)していました。
・施療:ソフトテクニックで、修正しました。 2回目で、症状は、ほぼ改善
・好転反応が、3日ほどあったそうです
全身の関節が、ばらばらの感じで、だるくて、ねむかったそうです。その後、すっきりと改善したそうです。

・・・・・自律神経失調もカイロで改善・・・・・

▼好転反応は、施療の後で、だるみ、眠気、発熱、ピリピリ感、鈍痛などの症状が、一時的に出る事があります。

好転反応は、当施療院では、2.3%で発生 (1日間・・1.6%、、、2日間・・0.5%、、、3日間・・0.3%)

好転反応は、漢方薬、マッサージ、ヨガ、鍼、灸、健康食品、温泉などでも出ます。
出やすい人は、施療後、なるべく休んでください。お風呂も軽めか、控える。お酒も控えたほうが、いいです。

患者さんが、施療の後、お風呂やお酒は??
血液循環が、よくなりますので、控えたほうがいいでしょう。しかし、お風呂やお酒により、ズレが戻ることはありません。

●12号 4月 04日・・・親指の痛みとぎっくり腰

■はじめに:親指の痛み
・来院:50歳後半 女性 事務仕事
・症状:10ヶ月前から、右手親指の付け根(中指骨)痛、総合病院のレントゲン所見は異常なし、
鍼と接骨院で施療していました。
・診察:手の付け根にある手根骨の8個中の一つ舟状骨が、ずれていました。
・施療:舟状骨の修正と肘(橈骨側)を調整しました。関節のモビライゼーションで、可動を改善させました。
3回の施療で、改善しました。

・・・・・手足(四肢)の関節もカイロで改善・・・・・

■はじめに:ギックリ腰(急性腰痛)
・来院:40歳後半 女性
・症状:3日前から左腰痛、付き添い付きで来院
・診察:左の仙腸関節と腰椎5番の左変位
・施療:仙腸関節と腰椎を修正。アイスパックとテーピング・・・ 5日目、3回で改善。

・・・・・ギックリ腰は、ライス(安静、冷却、湿布)を実施しカイロプラクティックで関節を調整し早い回復を実現・・・・・

カイロで健康 「はじめに」へ戻ります >>