カイロで健康

カイロプラクティック・オフィス・レポート

2012年
3月
●545号 3月 28日 両足首捻挫
●544号 3月 21日 6腰椎と出口胸郭
●543号 3月 14日 肩の温パック
●542号 3月 7日 自損事故

●545号 2012年 3月 28日 ・・・両足首捻挫

●はじめに
60歳代、女性、主婦
慢性腰痛で、数ヶ月前から右足がしびれてきた。
レントゲンで、骨が少し曲がっていると言われている。
10年前にペースメーカーを入れている。

・症状と結果
問診時に右の口が開いていないので、病院の薬かな?っとお話しすると、健康食品を、数種類、10数錠飲んでいる。
触診で、両足首に捻挫のあと、変形がある。
左仙腸関節、腰椎4番、胸椎3番、5番、頸椎2番、両足関節、膝関節、股関節を調整。
2回目、7日後、腰の痛みは良くなった。右足がだるい程度。
3回目、17日目、旅行で長い時間歩いたら、足がだるかった。全体を調整して施療完

・あとがき
健康食品は、ペースメーカーを入れてから、健康に気をつけなくては、と、飲み出してだんだん増えていったそうです。
2回目には、口の動きも改善していたので、すぐに止めてくれたそうです。
足のしびれや、腰痛に影響していた、かも、しれません。

両足首の捻挫が、治してありませんでした。右を捻挫して、かばって左も痛めたそうです。
変形があって元には戻せませんが、関節の動きは、やや回復しました。
この、足の負担が、腰に来ていたようです。

2回目と3回目に期間が空いたのは、旅行していたのでした。
元気に旅行できる様になって、良かったです。

■HPは、「ぬくひえ症候群
ぬくぬく、ひえひえ、考察してみました。

▼タカから、
温かくなったり、寒くなったり、体がまだ慣れていませんから、服で調整しましょうね。
春休みの疲れを、吹き飛ばして、4月から元気に、いきましょう!!

●544号 2012年 3月 21日 ・・・6腰椎と出口胸郭

●はじめに
20歳代、女性、飲食業
慢性腰痛、レントゲンで腰の骨が1つ多い(6腰椎)ので腰痛になりやすいと言われてあきらめている。
最近は左肩が痛くて、出口胸郭症候群と言われ、運動療法をしているが良くならない。

・症状と結果
腰椎カーブが前にやや強い、肩の動きは問題ない。
左仙腸関節、頸椎1番(このズレが大きい)を調整。肩関節、肘、手首を調整。

2回目、5日後、2日目から腰も肩も楽になりました。
全体を調整して、「仕事での姿勢は、頭から吊されてるようにね」と、アドバイスして施療完。

・あとがき
腰の骨(腰椎)は、5つですが、4つや6つもあります。特に黄色人種に多いと言われています。
触診では、変形が伴っている事が多くわかりにくいです。
こんな時、レントゲン写真が見れると安心できるんですが、日本の法律上、なかなか難しいですね。

出口胸郭症候群の症状は、頸椎1番のズレが、頸椎と上部胸椎のバランスを乱していたのが、原因だったと考えられます。

お若いのと、動く仕事で、筋肉の状態が良かったので、スムーズに回復しました。

■タカから、
寒の戻りの冷えと、花粉症の咳やくしゃみでギックリ腰になりやすい状況です。
お出かけには、1枚羽織って行きましょう。咳やくしゃみの時に屈んだ姿勢には気をつけましょう。

3月14日に、滋賀県と京都府の境、音羽山に登ってきました。
京都方面の、パワーを感じていただければ、幸いです。

●543号 2012年 3月 14日 ・・・肩の温パック

●はじめに
40歳代、女性、主婦
1ヶ月前から、寝違いで首が回せない、レントゲンは異常なし、痛み止めを飲んでいるが、痛む。

・症状と結果
肩から首にかけて、赤くなっている。触診するとプニッとした感じ。
肩甲骨から下は問題ない。

お話していると、肩の温パックを毎晩続けている。!!
そー言えば、使い出してから首が徐々に回りにくい。

頸椎1番、5番、胸椎1番3番、を調整。アイスパックで冷却後、筋膜調整を使用。
帰りには、首は普通に回る、痛みも軽減。
県外からの来院なので、3日ほどで回復しなかったら、予約ください。

・あとがき
肩の温パックは、豆のつぶつぶが入っているタイプで、レンジで、チンして肩に当てるそうです。

低温やけどの前状況が作られていたと思われます。レンジでは、結構高温になります。
さらに、つぶつぶが、局所圧迫をすることで、皮膚の下の筋膜にダメージを与えていたため、首が回せなくなったと思われます。

■HPは、「肩の温パック
じわじわ長時間温めるのは、低温やけどの前状態を作るようです。

▼タカから、
今週は、ギックリ腰も一段楽しました。
学生さんも、春休みで、元気いっぱいですね。今のうちに、体のメンテナンスをしておくのをお勧めします。

●542号 2012年 3月 7日 ・・・自損事故

●はじめに
50歳代、女性、主婦
2ヶ月前に自損事故、その後、右首痛、最近は右半身がしびれた感じ
病院のレントゲンでは、首の骨の間隔が狭いと言われて、痛み止めの薬を飲んでいるが、痛みが変わらない。

・症状と結果
頸椎2番の大きなズレ、頸椎1番、5番も調整。首、肩、腕の筋肉調整。
2回目、7日後、2日目から気にならなくなりました。全身を調整して、施療完

・あとがき
事故は、左側にガガガとぶつけてしまったそうです。
頸椎2番が、後方に大きくズレが診られたので、ぶつけたときに、首が大きく回転していたと考えられます。
保険など事務的な問題もなく、すぐ施療でき、回復も良かったです。

■タカから、
春の陽気でしょうか?歩くのも大変な痛みのギックリ腰が続いています。
腰の調子がおかしいと感じたら、無理をしないように、早めに施療しましょう。

カイロで健康 「はじめに」へ戻ります >>