カイロで健康

カイロプラクティック・オフィス・レポート

2014年
6月
●654号 6月 25日 顔が洗えない
●653号 6月 18日 腰が伸びる!
●652号 6月 11日 卵形の籐いす
●651号 6月 4日 足長反転20mm超

●654号  2014年 6月 25日 ・・・顔が洗えない

■はじめに
50歳代、女性、接客業
数年前から、右肘が痛く、顔が洗えなくなる。
県外の整体に通ってなんとか、顔が洗えるようになっていた。
2日前から、痛くて顔が洗えなくなってきた。職場の人の紹介で来院。

・症状と結果
右肘の曲げられない(屈曲制限)、変形している。
胸椎3番の大きな前方変位、胸椎5番、頸椎1番を調整。

6日後、2回目、肘の痛みは気にならない、顔も洗えるようになった。
変形、可動制限があるが、生活に不自由ないので、施療完。

・あとがき
初検時には、好転反応など出にくいように、80%の施療を心がけています。
今回の場合は、県外に通われていることもあり、なるべく早い回復を狙って100%で施療しました。

県外の整体で、1回で良くなっていたと、私が思っい込んでいましたので1回で良くなり。
良かった、良かったと話していると
いつもは顔が洗えるようになるのに、何度か通われていたそうです。

原因は、胸椎3番だったと考えられる、症例でした。

■7月の本は、「うららか予報」リラックマ生活11
暑さのイライラを、リラックマの一言で吹き飛ばしていってください。

■タカから、今週は、新患さんが、目立った週になりました。
症状は、先週に続き、全体が不調です。

時間帯が朝方なのが影響しているのでしょう
ワールドカップを見ていて首が回らない患者さんは、来院されていません。

●653号  2014年 6月 18日 ・・・腰が伸びる!

■はじめに
60歳代、女性、紡績
腰痛、膝痛で、肩首も凝る。腰が曲がった状態で来院。

・症状と結果
うつむき時、左足が20mm短い、腰は伸ばしてうつむける。
左仙腸関節、腰椎5番、頸椎2番を調整。膝、足関節を調整。
健康食品を膝のために多く飲んでいるので、取りあえず止めてもらう。

7日目、2回目、左足が短いのは10mmに減少。うつむき時に腰が伸びてきた。痛みはまだある。
13日目、3回目、両足はそろう。膝の痛みは良くなった。ここまで来ると、痛みも減少していることがほとんどなので、

少し詳しく問診していると、朝起きると肩、腰が痛くて伸ばせない。
仕事しているときは、痛みを感じない。

朝だけなので寝具を聞くと、床の上に30センチぐらいの厚みのある、健康マットを使用。とりあえず、畳にお布団で寝てもらう。

21日目、4回目、これは、驚いた、来院時に、明らかに腰が伸びている。
痛みも無くなったそうです。全体を調整して、施療完!

・あとがき
腰の痛みが取れずに、長年、あちらこちらに行かれてたようです。
それでも良くならないので、健康食品や、健康器具を使っていたようです。
高電圧治療器、マッサージ機、岩盤浴などなど、まあビックリしました。

■タカから、
今週は、腰痛、肩こり、頭痛、バラエティにとんでいました。
自立神経が不調なのでしょうか、全体が調子悪いと、言われる患者さんが目立ちました。
夏ばてに注意!

●652号  2014年 6月 11日 ・・・卵形の籐いす

■はじめに
70歳代、女性、主婦、年に数回来院

・症状と結果
左首痛、右肩痛で来院。帰りには改善。
3週間後、右の肩から背中が痛くて手が上げられない。
3週間後、肩が良くなったら、左の腰が痛くなってきた。

3回目の時点で、カルテを見直してみると、左首痛で来院する前と後で、骨盤のズレが変わっている。
肩関節、胸椎のズレも、この時点から、変わっている。

そこで、何か変わったのか、お聞きしたところ、卵形の籐いすでお昼寝をしだしたことがわかりました。
過去の症例から、原因であったと考えられます。

・あとがき
特に、2回目の時点で、肩が上がらず、強い症状が出ていました。
症状は、数日で改善しています。
その時点から2回とも、3週間ほどで症状が再発しております。
3週間ほど体が耐えていたと考えられます。

■HPは、「卵形の籐いす 2」、まとめてみました。
肩から、腰痛へ発展していきました。

■タカから、
今週は、学生さんが目立ちました。
症状として、足の痛みが多かったです。
気温の変化や、疲れがたまってきているようです。疲れたら、睡眠。

●651号  2014年 6月 4日 ・・・足長反転20mm超

■はじめに
30歳代、男性、出荷梱包
慢性の右腰痛、職場で聞いて来院

・症状と結果
うつむき時、右足が20mm短い。
5日後、2回目、腰の痛みは、少しましになってきた。 右足が10mm短い。
10日後、3回目 朝に違和感がある程度に改善。右足が3mm長い。
長さが反転している。 仙骨を調整。全体を調整して、施療完

・あとがき
このように足長反転した場合、長期にわたる症状や
足の長さが20mmを超えている場合に、よく診られます。

また、反転したときに、症状は収まっている事が、ほとんどです。
調整部位を変えて、施療完となることが多いです。

■タカから、
!暑いですね!オフィスはエアコンが入りました。
この暑さに、なれるのに、2日ほどかかりました。体がだるくて、10時には、寝てしまいました。

乾燥しているせいでしょうか、暑さでギックリ腰は、まだ大丈夫そうです。
疲れがたまると痛めやすくなります。
明日へ疲れを持ち越さないようにがんばりましょう。

カイロで健康 「はじめに」へ戻ります >>
©1998.TAKAYAMA