カイロで健康

カイロプラクティック・オフィス・レポート

2016年
3月
●709号 3月30日
●708号 3月23日 左から右へ
●707号 3月16日 学生時代柔道
●706号 3月09日 ドケルバン腱鞘炎?
●705号 3月02日 布団

●709号  2016年 3月30日 ・・・杖

■はじめに
70歳代、女性、半日事務仕事
慢性の右膝痛、半年前から腰や肩も痛む。
ご近所さんに聞いてきた。
駐車場から、杖をついて歩くのが大変そうに来院

・症状と結果
うつむき時、右足が10mm短い、右膝が変形している。
左足に比べ右足の膝下が10%ほどやせている。
背中が、浮腫しているのでお話しすると、磁石の布団を使用している。
右仙腸関節、腰椎3番、頚椎5番、両膝を調整

2回目、3日目の予約をキャンセル、6日後に来院
驚いたことに、駐車場から杖がなく、歩いてくるではありませんか。
肩腰は楽になった、歩きにくいが膝も痛くない。

うつむき時、両足がそろう、膝の変形は変わらない。
しかし、右足のやせが回復している。
いやいや、反対の左足が細くなってる。
痛い右膝をかばって、左足に負担がかかり太くなっていた。
そのため痛い方の右足がやせて細く見えてたようだ。

膝の変形があるので、無理せず、おかしいときは、早めに来てください。と全体を調整して施療完。

・あとがき
予約のキャンセル時は、あんまり良くならなかったのか心配していました。
来院時の話では、旅行でキャンセルだったようで、安心しました。
しかも2回目に杖無しで歩いてこられたのは、ビックリしました。

磁気布団は、小さい粒の強力タイプだったそうです。
やはり、影響があったのでしょうね。

■4月の本は、大阪に続いて「名古屋うみゃあもんのうた」です。
新学期、新社会人おめでとうございます。味噌パワーでがんばってください。

■タカから、
春休みなので、学生さんや、新社会人の引っ越しで来院されました。
3月も早かったですね、4月は、春休み疲れで来院されます。
忙しい日の後は、休息日でゴロゴロが一番。

●708号  2016年 3月23日 ・・・左から右へ

■はじめに
40歳代、女性、立ち仕事
2ヶ月前から右腰痛が良くならない。
過去に左のひどい腰痛をしているので、心配。友達から聞いて来院。

・症状と結果
うつむき時、左足が15mmも短い
痛みは右にあるのだが、左の仙腸関節が動かない。
左仙腸関節、仙骨、腰椎3番、頚椎2番を調整。

2回目、8日後、右腰痛がまだ痛む。
うつむき時、左足が5mm短いが、前回とは逆に、右の仙腸関節が、浮き上がった感じで動かない。
右仙腸関節、仙骨、腰椎5番を調整。

3回目、16日目、だんだん良くなってきて、今日は気にならない。
両足がそろい、仙腸関節の動きも左右とも良い。
全体を調整して施療完!

・あとがき
初検時に、足の長さが大きく気になったので聞くと、カーペットにお布団を敷いている。
少し掘り下げて聞くと、Mホームで、床の保温がしっかりしていてたぶん、問題はないだろう、もし、関節の問題がぶり返すようならその時、考えましょうと、施療をしてきました。
(私も住んだことがあるタイプなので記憶が役立ちました。)
関節が回復していったことから、カーペットで寝て冷えの問題がないまれな症例でした。
施療経過から、昔の左腰痛が回復していなくて慢性的になり、その後反対の右も悪くなったと考えられる症例でした。

■タカから、
桜が咲いて、ギックリ腰も出だしました。
この時期は、なにかといそがしいので、筋肉疲労で、明くる日のギックリ腰が多いです。
筋肉疲労をためないように乗り切りましょう。

●707号  2016年 3月16日 ・・・学生時代柔道

■はじめに
50歳代、男性、製造業、立ち仕事
10日前から、右背中、腰が痛くて良くならない。ホームページを見て来院。

・症状と結果
過去に、腰椎横突起骨折がある。
触診では腰椎5番の右に動きがあるが、痛みや関連部位に異常なく問題は生じていない、腰をひねったりしないように気をつけてください。とお話ししておきました。

うつむき時に、右足が10mm短い。
足の長さを測るときに、両足首がねんざのあとが感じられる。
体格も良く、ねじれかたから、柔道ですか?、大当たり
何度もねんざしてきたそうです。
右仙腸関節、両足首、膝、腰椎3番(これが痛みを出していた)頚椎2番、5番も調整。

2回目、6日後、明くる日から痛みはなくなりました。
足も楽になった。全体を調整して施療完!

・あとがき
柔道のねんざ跡は、足首だけにとどまらず、リスフラン関節やシュパール関節など骨折しやすい部位もねじれが残っています。
背中の状態だけでなく、足の問題を解消しておくことで、スムーズな回復ができたと、考えられます。

■HPは、「柔道は、両足首ねんざ」にしてみました。
過去のメルマガを調べていたら、同じ症例がありましたのでまとめてみました。
そこで、メルマガの連番が重複しているのを見つけてしまいました。
あちゃ!状態、30番も重複していました。
変えるのも順番がおかしくなるしそのまま重複の表示にしておきました。失礼いたしました。

■タカから、
今週は、マラソンに出るので診てほしい患者さんが、続きました。
走る日から逆算して、筋肉の調整を減らしたり、関節の調整方法を換えたりします。
楽しく走れた土産話が、仕事や元気の源になります。
3連休に、春休み、疲れを残さないように楽しい休日になりますようにお祈り致します。

●706号  2016年 3月09日 ・・・ドケルバン腱鞘炎?

■はじめに
20歳代、女性、調理業
2ヶ月前から、右手の親指が痛く、接骨院に通院しているが、ドケルバン腱鞘炎で長くかかると言われている。
実家で話していたら、行ってみたらと来院。

・症状と結果
接骨院で、低周波、バイブラバスで温めて、マッサージしていました。
背骨をしらべたところ、頚椎2番、7番、そして胸椎5番の大きなズレ
少しですが、左仙腸関節に問題があり、調整しました。
右肩、肘、手首、指の関節を調整。靱帯、筋肉は、調整無し。

2回目、7日後、1日は楽だったが、親指を伸ばす(伸展)時にいたい。
頚椎2番調整、右肘、手首の関節、靱帯を調整。
低反発枕を使っているようで、使用を控えてもらった。

3回目、14日目、仕事をしていても大丈夫になった。全体を調整して、施療完!

・あとがき
症状としては、ドケルバン腱鞘炎のようでした。が
初検時に、靱帯などが、硬いのを通り越して、ふにゃふにゃになっていました。
そこで、1回目は、患への施療は、最小に、注意してしました。
揉んだり、無理に動かしたり、温めないようにお願いしました。
2回目には、靱帯も堅さを取り戻していたので、調整が出来ました。
3回目の来院時は、待っている間に、スマホで元気にゲームをしていましたので、回復しているのが判りました。

■タカから、
今週は、なぜか、新患さんが続きました。
スポーツジムでも、春に新人さんが増えて、冬には、おなじみさんばかりになりますよね。
あじさいの芽生えでも、新患さんでも、春を感じますね。
春を感じるポカポカ陽気は、のんびりとしましょう。

●705号  2016年 3月02日 ・・・布団

■はじめに
60歳代、女性、主婦
2ヶ月前から右肘痛、整形外科で異常なし、湿布を使用。
その後、接骨院に通ったが、よくならないので、来院。

・症状と結果
うつむき時、右足が15mm短い、体全体がねじれているようだ
右仙腸関節、腰椎1番、胸椎1番、頚椎5番を調整。
右肩、肘、手首を調整。
腰のねじれが、影響しているかも知れないので、症状の変化に気をつけてくださいと、お話ししました。

2回目4日後、肘は、多少楽になった感じ。
うつむき時、右足が5mm短くなっている。が、どうも、体のねじれ、右肩、左臀部が気になる。
寝具の話で、「かさだか布団」というのを使用している。
普通の布団に、変えて様子を診ましょうと、右仙腸関節、頚椎5番、右肩、肘、手首を調整。

3回目、10日目、肘の痛みは無くなった、
みそつきをしても、大丈夫だった。全体を施療して、完!

・あとがき
3回目で、そー言えば、布団を変えてから、あっちこっち悪かったような気がする。とお話ししていました。
健康布団関係は、夫婦で使用していることが多いのでご主人は、使ってないのですか?と聞いたところ寝心地が悪かったためか、普通のお布団だったそうです。

みそつきは、この寒い時期に、味噌を作るのです、その中で、大豆を炊いて、ミンチにする機械ですりつぶす作業があります。
この機械は、手でハンドルをグルグル回す、結構大変な作業なんです。
電動もあるのでしょうが、このような手動タイプを、持ち回りしたり、麹屋さんが貸してくれたりします。
結構大変な、作業でも肘が大丈夫なことから、関節自体にダメージは受けておらず機能不全になっていたと考えられます。

■3月の本は、
はせがわさんの「大阪うまいもんのうた」にしました。
進学、人事移動で、緊張のストレスで来院されます。
「うん、うん、おいしい」とストレスを、吹き飛ばしていってください。

■タカから、
3月1日は、さらっと雪が積もりました。
患者さんは、今年は雪が少なかった。
畑に行きだしたら、梅は咲いている、1ヶ月早い気がする。
患者さんの症状も1ヶ月早い気がしますと、お話ししています。
自然の中で、生活させてもらっている、謙虚な気分になりますね。
3月も元気にいきましょう。

カイロで健康 「はじめに」へ戻ります >>
©1998.TAKAYAMA