カイロで健康

四つ玉 22

四つ玉(玉を体に当てる健康器具)で両手がしびれた症例を上半身から考察してみました。

頸椎から腕のしびれ

■はじめに
70才代、男性、家庭菜園、年に数回来院
最近、背中が痛くて、両手がしびれてきたので診てほしい。

・症状と結果
うつむき時に、いつものように左足が5mm長く、骨盤を調整。
痛い部位の、背中はどうかな
あれ、肩甲骨の上辺が、腫れて、へこんだ感じがする。
あれれ、首の骨も同じように、腫れている。
しびれの原因は、これかな、と、お話ししていると。
畑作業の疲れを取ろうと、4つ玉を床に置いて、首を乗せて、グリグリしていたそうです。
なるほど、玉の位置が、腫れているところに、ぴったり。

背中と、首のずれを調整。
腫れた周辺から、筋肉調整。肩や腕も調整。
帰りには、しびれも引いて、動かすと痛い程度に改善。

・あとがき
施療経験から、玉でグリグリして、悪くなるのは、男性だけです。
女性に比べて、痛みに弱いのに、グリグリ辛抱するのは、男の性格でしょうか。

玉でグリグリする健康器具は、肉体労働で、平均寿命も60歳の時代物です。
今回も、農機具を取りに、倉に入り、片隅で見つけて使ったようです。

メルマガ878号

玉で押さえやすい、ぼんのくぼ

玉などで、押さえやすい部位は、症例以外では、ぼんのくぼがあります。

首の骨1番と、後頭骨の部位で、凹んでいるので、ツボの感覚で押さえてしまいます。
頭痛、首痛、目のだるみなどの症状で来院されます。
ボールペンの後ろで、グリグリして、大きなずれで、頭痛薬を常用されていた症例もあります。


玉で押さえやすい、肩甲骨の内側

もう一つは、肩甲骨の内側

肩甲骨と背骨に挟まれて、押しやすく、いすの背もたれで押さえたり、上向きで寝て押さえたりします。
押さえた周辺や、腕を動かすと痛い、肋骨に沿って痛い症状で来院されます。
ゴルフボールをガムテープでくっつけて、押しすぎて、背骨が凹んでいた事がありました。
マッサージ器でも同じような状況で、来院されることも、よくあります。

痛いところを、押さえることで、血流が遮られ、痛みがボケた状況になるので
押し続けたり、強さを増したり、繰り返すことで、悪化し、しびれまで悪化したと考えられる症例でした。

カイロで健康
「臨床」へもどります