カイロで健康

ベッドローテーション

ベッドローテーションで腰痛が改善した症例です。

■はじめに
60歳代、女性、主婦
5年前にMRIでヘルニアと言われて、慢性的な腰痛。
最近左足が、痛くしびれてきた。
朝一番特に痛む

・症状と結果
左仙腸関節の後方変異。腰椎4番のねじれ。左足が5mm短い。
朝一不調なことから、寝具をたずねると
ホテルで使われているベットの日本仕様で裏返さなくていい寝心地のいい高級品を7年前から使っているとのこと。
気を使われているので、そのまま2回目に様子を診るようにしました。
左仙腸関節、腰椎4番、胸椎5番、頸椎1番を調整。

2回目、3日後、しびれは良くなってきたが、腰は痛む。
やはり、前回と同じように左仙腸関節の後方変異。腰椎4番のねじれ。左足が5mm短い。
お話しして、上下のベッドローテーションをお願い。

3回目、7日目、腰も楽になった。両足はそろい、仙腸関節、腰椎4番も正常
全体を調整して施療完。

・あとがき
ベッドを裏返さなくていい=ローテーションはしなくていい、と思い込んでいたようです。
このベッドは、上下のローテーションが必要なようです。

ベッドの歴史の長い、欧米では、ベッドローテーションは、常識のようです。
日本では、布団のイメージがありますので
1,足元を頭側にするのが気になるためローテーションしない。
2,ベッドローテーションは面倒くさいのでしない。
3,高級なベットはローテーションは要らないと思っている。
4,ベッドローテーションは、健康に関係ないと思っている。
などなどの事から、ベッドローテーションは、していないようです。

・・・メルマガ 684号より・・・


左臀部の落ち込み

■症例から

左のお尻の部位が、年月で、わずかに凹みやすくなったのではないかと考えられます。
左の骨盤が、後方へ落ち込み仙腸関節が後方へズレたのではないかと考えられます。
また、左の骨盤が後方へ落ち込むことで腰椎に回転する力が加わり、過去に痛めて弱っている、腰椎4番にズレを生じさせてのではないかと考えられます。

・・・ ベッドローテーションして、腰痛を防ぎましょう  ・・・
カイロで健康 「臨床」へ戻ります >>