カイロで健康

顎関節症(TMJシンドローム)

顎関節症(TMJシンドローム)は、かみ合わせ、歯の病気などが考えられますので
まずは歯科や口腔外科で診てもらう事が大切でしょう。

肩こりや頭痛を治すと顎関節症にも効果が現れる事が多くみられます
そこでカイロプラクティックの臨床現場から考察してみます。

●症状として

顎関節の関節円盤

顎関節

■顎関節には、関節円盤があります。
ひっかかったり、位置がズレて戻らない事があります。

▼顎関節を、調整します。


咀嚼筋

筋肉

■咀しゃく筋として
側頭筋・咬筋・外側翼突筋・内側翼突筋が、働きます。
その筋肉が硬直し動きが悪くなり痛みを出していることがあります。

▼マッスルテクニックで、調整します。


三叉神経の筋肉支配

三叉神経

咀しゃく筋を支配している神経は、三叉神経の下顎神経から
・深側頭神経は側頭筋
・翼突筋神経は翼突筋
・咬筋神経は咬筋
繋がっています。

■下顎神経の元になる三叉神経は、第1から第3頚神経の後ろから三叉神経脊椎路として繋がっています。


第1,2,3首の骨

第1頚椎・第2頚椎・第3頚椎を、調整します

頸椎から出る三叉神経の働きが正常化されます。
三叉神経から分かれた、下顎神経も正常化されることで咀しゃく筋が改善され、顎関節症が改善されると考えられます。

顎関節もカイロで改善
カイロで健康 「臨床」へもどります >>