カイロで健康

ヘルニア

ヘルニアの診断を病院で受けた患者さんが、
MRIの写真を持参されたので考察してみました。・・・症例 No2
垂直断面 ●40歳代、男性、会社員。
右腰痛、3ヶ月前から足のシビレ。



■垂直断面写真
左MRI写真から、腰椎5ー仙骨の間が、へルニアして脊髄を圧迫しているのが見られます。

水平断面 ■水平断面
写真左後方(患者さん右)に飛び出しているのが、見られます。

●施療と経過
初日、両側仙腸関節、腰椎5番のズレ、大腰筋の硬直を調整
3日後 2回目、シビレはあるが、腰は少し改善。左仙腸関節、腰椎5番調整
8日後 3回目、2日間シビレは、感じなかった。腰椎5番調整
15日後 4回目、シビレが、あるときと無いときの波が出てきた。
22日後 5回目、シビレは無し。腰部がだるいような感じ。改善。


■5回目で、シビレが無くなりましたが、この期間でヘルニアが消失したとは、考えにくく影響が無くなったと考えられます。
健康な人でも、ヘルニアが見つかるのは、このような事だと考えられます。

▼この場合、ヘルニアの施療をするのではなく、あくまで、腰痛、足のシビレへの施療が、功を奏したと言えます。
ヘルニアが見えても他に原因が、ある場合もあります。
手術の前に手技で対応できるか検討される事をすすめます。
カイロで健康 「臨床」へもどります >>