カイロで健康

ヘルニア

ヘルニアの診断を病院で受けた患者さんが、
MRIの写真を持参されたので考察してみました。・・・症例 No6
腰の骨ヘルニアのMRI画像
★はじめに
60才代、女性、週に2日ほど立ち仕事、自宅介護
3年前に尻餅をついてから、慢性腰痛。
1ヶ月前から、右の痛みが強くて、病院に通院している。
ヘルニアなので、なかなか良くならないと言われている。

・症状と結果
しびれや足の痩せは、見られない。右仙腸関節、腰の骨4番2番を調整。
2回目、5日後、ずいぶんと楽になった。
3回目、11日目、ほとんど気にならなくなった。介護もできる。施療完。

メルマガ463号

腰の骨のMRI画像を拡大

ヘルニア部位を拡大してみました。
脊髄神経が何カ所も圧迫されているのが、見られます。

レントゲンでは見られなかったのですが、MRIではシュモール結節も見られます。

3回ほどの手技で、これらの変形した部位が正常になったとは考えにくいです。
これほどの変形が写真で見られても、症状が改善していることから、変形=痛み ではない症例だと考えられます。

手術の前に手技で対応できるか検討されることをすすめます。
カイロで健康 「臨床」へもどります >>