カイロで健康

ひざが伸びない

「正座は出来るのですが、ひざが伸びない」症状が、よくありますので、考察してみました。
伸展ラグ ひざを伸ばしていくと、最後の10度ほどになると、伸びにくくなるのがわかります。
これはひざの構造的なものであり、ひざを伸ばしたとき最後の10度ほどになると、ひざから下の脛骨が外に回転(外旋)することで、ひざが伸びきることができます。
この現象を、「伸展ラグ」とか「エクステンションラグ」と呼ばれています。

患者さんが言われる「ひざが伸びない」状態は、この伸展ラグがうまくいかない状態になっています。



原因は、大腿四頭筋の筋力低下、腸脛靭帯の筋力低下、ひざの変形などで、脛骨の外旋ができなくなり、ひざが伸びきらない状態が生じると考えられています。

伸びきらないひざを、押さえたり、暖めたり、筋肉を緩めたりするだけでは、なかなか改善はしましせん。

大腿四頭筋・腸脛靭帯

施療としては


ひざが伸びない状態が数日から1ヶ月程度で腰椎のズレが問題の主であるなら
大腿四頭筋に関係する腰椎2・3・4番からの大腿神経と
腸脛靭帯・大腿筋膜張筋に関係する腰椎4・5・仙骨の上殿神経を調整することで、伸展ラグは、スムーズに解消されひざは伸び、数回の施療で改善します。



ひざが伸びない状態が、1ヶ月以上続いている場合は、腰椎の調整に加えて、大腿四頭筋や腸脛靭帯、膝の靱帯などの軟部組織の調整。
半月板、膝関節、足関節、股関節など総合的に調整することで徐々に改善されていきます。
ひざが伸びなくなる前に、腰痛やひざ痛を、改善しておきましょう。
カイロで健康 「臨床」へもどります >>