カイロで健康

年中ホカホカ カーペット

年中、ホカホカカーペットを使用していて、腰痛が良くならなかった症例です。
・・・メルマガ692号・・・より
両仙腸関節の動きが悪い
仙腸関節の動きが悪い
(固着しているような感覚)
■はじめに
30歳代、女性、主婦
左ギックリ腰で1週間経っても良くならない。
数年前にギックリ腰で1年かかった記憶がよみがえってきた。
家族のすすめで、初来院。

・症状と結果
うつむき時、左足が5mm短い、なぜか仙腸関節が動きがわるい
両仙腸関節、仙骨、腰椎1番を調整。
大腰筋が異常に緊張しているので、筋肉調整。


大腰筋の緊張
大腰筋の緊張

5日後、2回目、腰はだいぶ楽になった。が、左足は5mm短い、仙腸関節が動かない、大腰筋の緊張も戻っている。おかしい。
いろいろお話ししていても、原因がつかめない。
冷えに気を使っている。これがヒントだった。
驚いたことに、
夏以外、年中、ホカホカカーペットを使っている!それも5だから中ぐらいの温度。

11日後、3回目、痛みは無いが腰が前から伸びきらない。
大腰筋がまだ緊張している。
左足が3mm長く反転してきた。左仙腸関節を調整。

18日目、4回目、腰も伸びて動きが楽になった。
仙腸関節の動きも改善。大腰筋の緊張もない。
全体を調整して施療完!


足が伸びず膝が浮いている
大腰筋の緊張で、足が伸びきらず、膝が浮き上がっている。

・あとがき
今回の症例は、驚きました。
仙腸関節が動かない、大腰筋の緊張、
年中、ホカホカカーペットだとは、気がつきませんでした。
初検時には、まだ暖房器具を使う時期ではなかったので全くノーマークでした。
普通の生活にして、やはり回復に2週間ほどかかりました。

お話ししていると、何年か前のギックリ腰の時も温めなくてはいけないと、ホカホカカーペットを使っていたそうです。だから、回復に1年もかかったのかもしれません。


・・・考察・・・

・仙腸関節の動きが悪い。
臀部の筋肉が過熱でのびきってしまった。
そのため仙腸関節に負担がかかり過剰な動きを防ぐ必要が生じた。
仙腸関節を保護するために周囲の靱帯が肥厚化し動かないようにしたと考えられます。

・大腰筋の緊張
床の熱から体を守るために、床から体を離すことで、遮熱しようとした。
そのため、足を曲げ浮かそうとした、足を曲げるために、大腰筋の緊張が必要であったと考えられます。

・背中(肩甲骨周辺)には、局所加熱障害が診られなかった。
電気毛布や床暖房で診られる、肩甲骨周辺には、症状が診られませんでした。
それは、居間で使用しており、座る体勢でしたので、背部は症状が出なかったと考えられます。

局所加熱障害は、気が付きにくいので注意しましょう。
カイロで健康 「臨床」 へもどります >>