カイロで健康

自己押圧

自己押圧で悪化するのは、膝が圧倒的に多いので考察してみました。
来院例
50歳の男性。膝が痛いので診てほしいと電話があり、2時間後に予約。
来院時には、膝が倍以上の大きさに腫れている。
問診したところ、熱いお風呂にどっぷり浸かり膝を揉んでいたそうです。
1ヶ月間は、膝は直接さわれず、アイスパックの冷却と周辺の筋肉を調整。
その後2ヶ月は膝関節の調整をして、計3ヶ月かかって、普通に歩けるまで改善。

2時間の間に、自己押圧(揉む)して、腫れがひどくなって回復に時間がかかってしまった症例です。

自己押圧の部位 自己押圧しやすい場所は
こめかみ、手首・肘、膝、足のうら、などがあります。


こめかみ、手首・肘、は、腕を持ち上げる必要があり、腕がだるくなってきて長時間の押圧はできません。

足のうらは、体と足がねじれて、無理な姿勢になるため、長時間の押圧はできません。

ところが
膝の場合は、手の位置、足の位置が自然体で、疲れが少ないので、ついつい長時間にわたり、押さえたり揉んだりしてしまうと考えられます。

手の重み、体で膝を押圧 膝を押圧するときは、
強く、長く、押さえた方が、効果が出るように思い込んでいる。
親指を立てて強く押さえると、感覚が麻痺して、痛みが一時的に減るので良くなったように錯覚して強く、長くおさえてしまいます。

押さえる時には、
手の重量が押圧方向に加わり、強く押さえてしまいます。
さらに、体全体で力をかけられるので、さらに強く押さえてしまいます。

膝は、押しすぎにより、症状が悪化しやすいと考えられます
(骨化性筋炎の症状に進行する可能性も否定できません)


自己押圧で悪化する部位は、作業性、力の入れ方などの条件を考えると、臨床例のように、膝が圧倒的に多いと考えられます。
・・・膝の痛みは、自己押圧したくなりますので、気をつけましょう・・・ 
カイロで健康 「臨床」へもどります >>