カイロで健康

かかと痛 いすで体操

いすで体操していて、かかと痛になる症例を考察してみました。
腰椎5番から坐骨神経、かかと痛

かかと痛が、よくならない患者さんがあります。

足に異常がないのに、かかと痛で、来院される患者さんが、多くみられます。
その患者さんは、の腰椎5番のズレを修正することで痛みが解消する事が多くあります。

腰椎5番から出る坐骨神経、腓骨神経、を経由してかかとや足の裏に痛みが生じていると考えられます。
また、関連痛でも痛みが出ていると考えられます。


いすに腰掛けて体操

臨床で、いすに腰掛けて体操をしていたとよく聞きます。
丸いスに腰掛けて、再現してみました。

上半身を回転する体操をしてみると、腰から上は、回っています。
腰から下は、いすに乗っているので動いていません。
つまり、いすに腰掛けて体操をすると、腰椎の一番下、腰椎5番を中心に回っています。
そのため、繰り返し大きな負荷が腰椎5番に加わることで、ずれが生じて、かかとに痛みを出すと考えられます。

過去に同じようにいすで体操して、胸椎12番、腰椎1番がズレてしまい。
背部痛、腰痛、足が上げられない症例もありました。


いすに腰掛けて側屈体操

いすに腰掛けて、側屈体操は、どうでしょう。

腰から下は、いすに乗っているので動いていません。
腰椎の一番下、腰椎5番を中心に回っています。
やはり、腰椎5番がずれて、かかとや足の裏に痛みを出すと考えられます。

同じような状況は、・・・いすで応援・・・腰痛体操・・・回転いす・・・機械編み・・・テレビを見る姿勢、などありました。

・・・いすに座った時は、動作に気をつけて足痛・腰痛を防ぎましょう・・・
カイロで健康 「臨床」へもどります >>