カイロで健康

緑茶脱水

春先から夏にかけて、患者さんから「足がつるんですが」とよく相談されます。
足の筋肉が、浮腫していますので、水分不足(かくれ脱水)では、とお話しすると、
緑茶で水分補給している患者さんが、本当に多いです。
私は、専門ではありませんが、緑茶脱水として考察してみました。
下肢の触診でむくみ

臨床では

触診検査していると、足がむくんで、プニュプニュした感じがします。
少し押さえると、戻ってこない、ジャムのような感じがします。
また、逆に、硬くなって干からびた感覚の時もあります。
触診部位としては、足の筋肉ポンプ作用の部位、下肢静脈瘤が出やすい、伏在静脈周辺が、むくんでいるように感じられます。

このとき、ホーマンズサインが、診られることがあるので、血栓ができやすい脱水状況になっていると考えられます。


・なぜ緑茶だけのんで、かくれ脱水になってしまうのでしょう。

「アルコールやカフェインを含む飲み物は、おしっこを増やし体内の水分を出してしまうので、水分補給としては適しません。」と知っている患者さんも多く見えます。
カフェインは、コーヒーだと思い、緑茶に、カフェインが多いのを気がついていないようです。
さらに、会話の中から、「緑茶は、健康によい、がんの予防になる。」とみなさん言われます。
健康によいから、飲めば飲むほどよい。
健康によいし、緑茶で水分は足りている。
健康によいから、他は飲まない。
つまり、緑茶を飲んでるから、健康、水分もとっている、いいことずくめだと考えています。
また、カフェインの利尿作用で、おしっこが出るので、水分が足りているように思えてしまいます。
そのため、緑茶だけ飲んで、緑茶脱水を引き起こしていると考えられます。

・緑茶で水分補給している患者さんが、多いように感じるのは。

施療院に来院される患者さんは、健康意識が高い人だと考えられます。
そのため、健康情報に敏感で、身近に実践していると考えられます。
ですから、緑茶の健康情報から、緑茶だけで水分補給している患者さんが、多く感じると思います。


・施療での会話

施療中に
足がむくんでいますから、水分補給に気をつけてくださいね。
施療が終わって、待合で、水分補給には、いつも気をつけてます。
と、取り出した濃い緑茶は、カフェイン100mgと多いペットボトル!
濃いめですか・・・

施療中に
足がむくんでいますから、水分補給に気をつけてくださいね。
健康のために緑茶を毎日、がんばって飲んでます。
がんばってますか・・・

施療中に
足がむくんでいますから、水分補給に気をつけてくださいね。
がんにならないため、緑茶以外は、飲みません。
他も飲んでよ・・・

施療中に
足がむくんでいますから、水分補給に気をつけてくださいね。
コーヒーは、カフェインがだめなんで、緑茶を飲んでます。
緑茶もカフェイン多いんですけど・・・

施療中に
足がむくんでいますから、水分補給に気をつけてくださいね。
緑茶は、カフェインが多いので気をつけてくださいね。
緑茶は飲んでませんよ、ウーロン茶です。が、すっきりするんで飲んでます。
ウーロン茶もカフェイン多いし・・・

施療中に
足がむくんでいますから、水分補給に気をつけてくださいね。
緑茶は、すっきり、頭もはっきりしますから、飲んでます。
すっきり、はっきり、するのは、カフェインなんですけど・・・


腰椎4番5番と仙腸関節

・カイロの施療として

下肢のむくみが診られる事から
ひらめ筋、腓腹筋など神経支配は、腰椎5番から仙椎3番。
膝窩筋など神経支配は、腰椎4番から仙椎1番です。

つまり
腰椎4番、5番、仙腸関節のズレを検査し、問題があれば調整します。
膝や足関節も検査、調整します。


・ウイスキーには、チェイサー。
・最近は、日本酒でも水を飲むと言われるようになってきました。
・コーヒーに、お冷やは、理にかなっている。
・昔から言われるように、夏には麦茶は、カフェインレスです。
・麦茶には、大きくカフェインレスと書かれています。
・登山には、お茶ではなく、水です。

緑茶脱水で、かくれ脱水になっているかも、
おじいちゃん、おばあちゃんにも気をつけてあげましょう。
カイロで健康 「臨床」へ戻ります >>