カイロで健康

クララ症候群

施療を通して、アニメ「アルプスの少女ハイジ」のクララを思い出しました。
そこで、クララ症候群として考察しみました。

■はじめに
60歳代、女性、両親介護
1ヶ月前に、腰の激痛で、歩けなかった。
その後腰が伸ばせなくて、だんだん膝が曲げにくく、腰をかがめないと動けない。

・症状と結果
腰をかがめて、テーブルまで移動。
左膝が、腫れて変形している。使い捨てカイロを当てて揉んでいる。
うつむき時、左足が20mmも長い、腰も発熱、使い捨てカイロと湿布を6枚貼ってある。
左仙腸関節、腰椎1番3番を調整、頸椎2番も大きなズレアイスパック使用。

4日後、2回目、腰をかがめて来院。伸ばすと激痛が来る気がする。
湿布をまだ、6枚貼ってある。
この時点で、痛みの恐怖から脱するのに日にちがかかりそうだ。
うつむき時に両足は、そろっている。左膝の腫れも減少しているが変形してしまっている。

12日後、3回目、腰はかがめているが、歩くのは大丈夫。
湿布の数が、4枚に減ってきた。仙骨、頸椎2番を調整。

18日後、4回目、歩行時に腰は伸びている。湿布は無い。
歩くと膝の内側が痛いような気がする。両膝、股関節を調整。

25日後、5回目、痛みは無いが、また痛くなってくる気がする。
腰も伸びて、普通に歩ける。全体を調整。

32日後、6回目、本当に楽になった。全体を調整して施療完

・あとがき
2回目には、痛みもなく大丈夫だったのですが、痛みが来ないか心配で、腰が伸ばせないし、湿布を止めることも出来ない状況でした。精神的ダメージを回復させるのは、時間がかかりました。
ひさしぶりに、長い施療になりました。

・・・メルマガ 673号 ・・・


なぜアニメ「アルプスの少女ハイジ」のクララを思い出したのか?

なにかしていないと、激痛が再発してしまうと、思い込んでしまう。
なにかにたよらないと、痛みがきてしまうのがこわくて、現状を変えられない。

クララが、歩けないと思い込んで、本当に歩けない、記憶とかぶったため、クララを思い出してしまったのです。

腰を伸ばすと痛みそう

一つ目は、腰が伸ばせない、屈んだ状態で何度か来院されてました。
初回の施療後、テーブルから立ち上がるときに、腰は伸びていたのです。しかし来院されるたびに、「伸ばすと激痛が来そう」と話されていました。その事からも思い込みによるものだと、思われました。

歩行が出来るようになり、腰を伸ばさないといけない環境になるまで見守りました。


湿布が止められない
2つ目は、湿布が止められない
最初は、6枚、腰が見えないくらい貼っていました。
使い捨てカイロによる発熱炎症には、効果があると思われますが、連続使用期間が1ヶ月経っていましたので消炎効果は、低下していると思われました。
在庫が、あまりないようなので、減っていくのを見守りました。

精神的に専門ではありませんので、時間に解決をまかせています。
臨床現場では、回復に1ヶ月から3ヶ月かかっています。
精神が体に与える影響が大きいのには、おどろかされます。

思い込みによる精神的な力が、体にも関係していた症例でした。
カイロで健康 「臨床」へもどります >>