カイロで健康

味覚の神経

カイロプラクティックで、頚椎を調整することで、
くちやのどの違和感が、改善すると共に味覚も改善する場合がありますので、考察してみました。
舌と神経 ●味覚は、
顔面神経
・舌咽神経、
・迷走神経、
の3つに別れています。

●前方の知覚は、
三叉神経に行きます。

迷走神経 ●迷走神経(めいそうしんけい)は、のどの一部の知覚をも司っています。

■舌の味覚や知覚に問題が生じると迷走神経に問題が、生じのどの知覚にも異常が生じます。

▼のどに近接している頚椎に問題が生じるとのどの違和感生じ、迷走神経に影響を与えてます。その信号が、味覚に変化を与える可能性があります。

舌咽神経 ●舌咽神経(ぜついんしんけい)は、のどの一部の知覚を伝えています。

■舌の味覚や知覚に問題が生じると舌咽神経に問題が生じ、のどの知覚にも異常が生じます。

▼のどに近接している頚椎に問題が生じのどの違和感が、舌咽神経に影響を与えて、味覚に変化を与えている可能性があります。

くちやのどの違和感 >>
喫煙は、味覚が損なわれる原因の一つです、健康のためにも禁煙しましょう。
ハミガキも界面活性剤の使用していない自然な物がいいでしょう。
・・・ 頸椎を正常に保って、きょうも美味しい食事 ・・・
カイロで健康 「臨床」へもどります >>