カイロで健康

梨状筋症候群

坐骨神経の痛みで、足やお尻がしびれたり、します。
梨状筋症候群 ●お尻を後ろから見たところです。
梨状筋の上(上孔)と下(下孔)から
神経が出ています。

上孔は、上殿神経
下孔は、坐骨神経

他に、動脈や静脈も同じ孔を通っています。


梨状筋に問題が発生すると(筋肉の硬直など)神経や血管を、圧迫し、お尻のシビレや足のシビレが発生します。

梨状筋神経支配 ●痛みは、お尻や足に現れます。


梨状筋の神経支配は
 腰椎5番から仙骨2番です。


▼カイロプラクティックでは、腰椎と仙骨を調整します。
さらに、梨状筋、を調整します。
必要に応じて、下肢や臀部の筋肉も調整します。
梨状筋症候群は、坐骨神経の痛みが出るのでヘルニアと混同することがあります。
しかし
ヘルニアと違って、早く回復することが多いです。
カイロで健康 「臨床」へもどります >>