カイロで健康

寝床の平床・保温理論

寝具には、いろいろな考え方があります。
そのような中で臨床経験から寝床に気をつける点、平床・保温を考察してみました。
脊柱カーブ ●平床理論

黄色人種モンゴロイド系の日本人は、立位時において背骨のカーブが大きく農耕作業に適していると言われています。

寝ているときに、背骨のカーブは、自由に伸びている状態になります。また寝返りをすることで緊張を解き放し疲れた体の回復を図っていると考えられます。

臨床経験上
ソファーで寝たり・折りたたみベッド・硬いマットの境目・凸凹布団・低反発布団・足枕など、平らでない寝床、凸凹で寝返りしにくい寝床は、肩こり・腰痛が発生していることから健康に良くない事を証明しています。


つまり臨床経験から、1日の疲れを取り寝返れる健康な毎日を贈るためには、平たく凹凸の少ない、寝床が良いと考えられます。

●保温理論

寝床の熱伝導が高い、言い換えると冷えやすい寝床は、筋肉の硬直、血液循環不良などを生じさせ、疲労が回復しにくくなります。

臨床で、板の間で寝ていた、すのこベット、2段ベットの下段など、寝床の冷えを対策することで、肩痛、背部痛、腰痛、下肢痛などが改善した多くの症例から、保温力が大切であることを証明しています。

つまり臨床経験から、1日の疲れを取り毎朝元気に起きるためには、寝床の保温力が大切であると考えられます。
平床状態の背骨

・・・私は、平床・保温理論を考慮した寝床が、健康的だと考えます。・・・
カイロで健康 「臨床」へもどります >>