カイロで健康

足の付け根の痛み

2004年夏・猛暑でしたね。
足の付け根(そけい部)の痛みの患者さんが続出しました。そこで例年にない特徴なので、考察してみました。
●特徴
・左側の付け根が痛む。(右は痛くない)
・左足が上げにくい。あぐらができない。
・7月中旬から発生
・おなかの調子が悪い。(冷たい飲み物を飲んでいる)

夏ばてで胃が下がる ■(1)胃が下がる

7月の中旬から、患者さんが増えてきてますので、
暑さ、水分、などにより、夏ばて状態です。

問診で、左下腹部のだるみがあることから。
胃が疲労して、長胃のような胃が下がった状態になったと思われます。

冷たい飲み物で胃が冷える ■(2)冷える
猛暑が続き、冷たい飲み物を、飲みました。


胃が下がると、すい臓、腎臓の位置より下になり、冷えが、背部の血管、筋肉などに、より影響するようになります。

腰が痛くなる ■(3)周辺の冷え
包んでいる腹膜、下肢に行く血液、さらに、大腰筋、腸骨筋が冷えて、痛みをだしたようです。

▼腰椎・仙腸関節と筋肉を調整。大腰筋・腸骨筋の神経支配、腰神経1番から4番、と腰椎・仙腸関節の調整。そして、胃の自律神経失の出口、胸椎5番を、調整します。
足の付け根の痛みも、鼠径ヘルニアなどの問題がない場合は、
カイロプラクティックに おまかせ
カイロで健康 「臨床」へもどります >>