カイロで健康

足が開きにくい

足が開きにくい症例を考察してみました。
足が開きにくい 足が開きにくい。
靴下が、はきにくい。
車から降りるのに足を支えないと降りられない。
など、足の付け根、股関節が開きにくい症状があります。

足の内側が痛くて開きにくい状態が良く診られます。

内転筋・ハムストリングス 内転筋やランニング筋と言われるハムストリングスが、硬直して伸ばせなくなっています。
その、筋肉を調整することで、開きにくい症状は改善されます。


しかし、
内転筋やハムストを伸ばせなくなる要因は、腰椎にもあります。
この腰椎を調整しておかないと、症状が繰り返す、スパイラルになります。

施療のポイントとして
筋肉だけでなく、腰椎を調整することが肝心です。

腰椎の調整箇所 内転筋は、腰椎2番、3番、4番に問題があることが多く、調整します。

ハムストは、腰椎4番、5番を調整します。

また
腰椎周辺の筋肉や靱帯、仙腸関節なども検査・調整しておくことで全身の調子を整えておくことも大切です。
足が開きにくいも、カイロプラクティックに おまかせ
カイロで健康 「臨床」へもどります >>