カイロで健康

施療タイミング

出産後や、乳幼児、子供さんの、施療タイミングを考察してみました。
(テクニックによっては、妊婦さん、乳幼児に適する場合もあります。)、
産縟期

●出産後は

■産褥期は、約6週間・外出は、4週間目から・旅行は、8週間(2ヶ月)からが一般的です。

▼伸びた靭帯が回復する2ヶ月間は、無理な調整は、おすすめしません。
私のオフィスでは、安定期間を1ヶ月足して、出産後3ヶ月から施療いたします。


大泉門

●乳幼児は

■頭部の大泉門(ぶよぶよした場所)が、閉じるのが36ヶ月です。

▼カイロプラクティックは頭蓋調整もできますので、3歳から適応できます。


寛骨の完成は5-7才

●子供さんは

■股関節を作る、寛骨は、3つのパーツ(腸骨・坐骨・恥骨)で作られており5歳から7歳でくっつきます。

▼ちょうどスポ少の時期にもなりますので、適宜、骨盤調整・股関節調整を、おすすめします。

出産後の3ヶ月、子供さんは3才や5才で、カイロプラクティックをおすすめします。
カイロで健康 「臨床」へもどります