カイロで健康

痛みの長期化・悪化

痛みを長期化させてしまったり、悪化してしまう症例が絶えません。
なぜあたためたり、もんだりして長期化、悪化させてしまうのか、考察してみました。
施療経験から、痛みを長期化・悪化させる3つの要因        参考:施療を長引かせるトップ3
3つの要因 内容 使用部位
1,加熱、あたためる 使い捨てカイロ、熱いお風呂、暖房器具 腰、肩、膝など全般的
2,もむ、ツボ押し 手でもむ、マッサージ機、ゴルフボール、ツボ押し棒 膝、肘、背部、首
3,体操 腰痛体操、肩回し、ペットボトル体操、椅子に腰掛体操、お風呂で体操 腰、肩

健康+で検索
単位*1000件

あたためる、もむ、体操で、どの項目が多いのか絞り込みをしてみました。

健康+あたためるなどキーワード検索してみました。
つぼが2倍以上も多い結果になりましたが、つぼは、ほかの意味に取れるので参考程度考えました。

あたためる、もむ、体操は、件数の片寄りが少ないことから、1つだけではなくて、複合していると考えられます。
そのため項目の絞り込みは、できませんでした。

他に、健康+食事は、1桁、健康+心は、2桁多い結果になりました。


痛み+で検索
単位*1000件

そこで、健康のキーワードを痛みに換えて、検索してみました。

RISEのRest(安静)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(高挙)の対語も同じような件数を示しており、情報は、均等化していると言えそうです。
均等化しているので、冷やす患者さんとあたためる患者さんが、同じ比率でも良さそうに思われます。

それなのになぜ、あたためたり、もんだりして長期化、悪化する患者さんが、圧倒的に多く見られるのでしょう。


もむ、あたためる、体操で痛みの悪化

患者さんに聞いてみました。

「あたためてだめなの?」「もんでだめなの?」「体操だめなの?」と返事が返ってきます。
その後に、「あたためるのは良いことじゃないの?」「もんだら、よくなるんじゃないの」「体操すればリハビリでよくなるんじゃやないの」

痛みをなんとかしたい、早く良くしたいとの思いで、あたためたりもんだりするようです。
さらにお話しすると、
あたためたり、もんだり、体操することで、回復力が上がり早く良くなると思い込んでしまっているようです。

健康によい=痛みの回復も良い この様に考えてしまうようです。


もむ、あたためる、体操で回復力低下

しかし現実的には

回復力が、100%と考えると、あたためたり、もんだり、体操することで、回復力が損なわれていきます。
そのため
痛みを長期化させてしまったり、悪化してしまう事になります。

思い込んでしまうことが、痛みを長期化させてしまったり、悪化してしまう原因です。

過去の記憶を引きずっている例として

などなど、患者さんと会話になることもあります。
・・・ 思い込みで、あたためたり、もんだり、体操、に気をつけましょう。 ・・・
カイロで健康 「臨床」へもどります >>