カイロで健康

頭痛

臨床で頭痛の患者さんは、後頭部の硬直が多いので考察してみました。
後頭部の硬直

頭痛で来院される患者さんの特徴は、

後頭部、後頭骨と頸椎1番の部位。
後頭下筋(大後頭直筋、小後頭直筋、上頭斜筋、下頭斜筋)に硬直を触診することが多くあります。
また、頸椎1番の調整によって、触診していると軟化していく感じや、患者さん自ら緩んでいく感じを経験されます。


後頭部の痛み

また頭の後ろが、痛いのもよくあります。

第2脊髄神経の先が、後頭部に走行しています。
頭の後ろが痛いときは、頸椎2番にも硬直が触診されます。
そのため第2脊髄神経に何らかの影響を与えて、頭の後ろの皮膚感覚が痛みを出している考えられます。
この場合、頸椎2番、3番の調整が有効です。


頭の前が痛む

頭の前も痛いと話されることもあります。

頭の前も痛むといわれる患者さんは、頭の後ろも痛みます。

頭の後ろから前へは、表情筋である後頭前頭筋があります。
その筋は、前が眉毛のあたりから起こっていて、痛む部位と合致します。
また、後頭前頭筋は、皮膚と強く結合していることから、頭の後ろの皮膚感覚が痛むのが、伝わったと考えられます。

施療効果が出るのに、回数がかかることから、症状が悪化したタイプだと考えられます。


後頭下筋が硬直する原因として、
頭だけ上を向いたり、のぞき込むような不良姿勢が問題だと考えられます。
参考にどうぞ・天井掃除目薬ものほし遠近両用めがねテレビを見る姿勢
頭痛もカイロプラクテックにおまかせ
カイロで健康 「臨床」へもどります >>