カイロで健康

レッグチェック (長さ)

カイロプラクテックの検査に足の長さを測る、レッグチェックがあります。
そのレッグチェックを、足の長さから考察してみました。
短下肢の長さ分布

腰痛で初めて来院された患者さんを集計しました。
初検時のレッグチェックの結果から短下肢の長さを分けてみました。

その結果、5mmがもっとも多くなりました。
中央値は、8mmとなりました。
最大は、30mmのズレが見られました。


左右の短下肢の長さ分布
左右で比べてみました。

左右とも5mmが、最も多くなりました。
左の短下肢の10mm 20mmが多く見られました。

足の長さがそろっていく
●足の長さの変化と、施療効果を、感覚的に考察してみました。

ノーマルパターン

足の長さが、減少していくと共に、痛みも改善していきます。
このパターンが最も多く、一般的であると言えます。


足長反転パターン

足長反転パターン

足の長さが、反転したり、調整部位が反転する、反転パターンです。

過去のズレなどそのまま放置されたひずみが、現れてくると考えられます。
反転は多くて3回までで、一般のパターンより施療回数が、多くかかります。


足長戻りパターン

戻りパターン

少し改善しては、元にもどってしまうパターンです。

生活環境に問題があるため、施療後の日常生活で戻ってしまいます。
生活環境の原因が改善されると、長さも収束していきます。


変化なしパターン

変化しないパターン

構造的に長さが違う(遺伝的、病気、けがなど)
精神的疾患、内臓疾患など。
施療方法に問題がある。

足の長さが、自分でおかしいなと感じたら、カイロプラクテックへどうぞ
カイロで健康 「カイロプラクティック」へもどります >>